撮影機材

撮影機材

Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sによる野鳥撮影

Z9+800mmF6.3 野鳥撮影は仕事の一環なので、長年単焦点レンズを使い続けています。ズームレンズを否定するわけではありませんが、野鳥撮影は暗い森や藪の中など、厳しい条件での撮影を強いられることが多く、解像度や明るさの点で単焦点...
撮影機材

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S 実写レビュー(VRモード編)

800mmF6.3のVRはかなり強力です。公称5.5段は伊達ではなく、ファインダー像もビタッと安定します。意識して構えて慎重に撮れば、歩留まりは悪いながら1/20 sでも撮影可能です。野鳥の世界では被写体ブレがあるので現実的には1...
カメラ・写真

Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S によるサンプル画像(天体)

月面 VRのテストを兼ねてすべて手持ちで月面を撮影してみました。1/800 sから5段分の1/25 sまでの結果です。全体と中央1280x1280の領域拡大です。下にEXIFデータも記載しておきます。 1/800 s ...
カメラ・写真

Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S 動体撮影

Z9を入手するまではD500+500mmF4FLにTC14E-IIIをつけて飛翔写真などを撮影していました。Z9が来てからはFTZ-IIを挟んで同じレンズセットで使用していました。Z9に替えて劇的に良くなったかというと、そういう印象はなく...
カメラ・写真

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S レビュー(フレア・コントラスト編)

位相フレネルレンズに不信感を持っている人も多いようです。位相フレネルレンズを使ったレンズはNikonの専売特許ではなく、他社も以前から販売しています。初期の頃は確かに盛大なフレアが発生したり、条件によっては著しくコントラストが低下...
カメラ・写真

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S レビュー(解像度編)

MTF曲線を見ても分かる通り、4本の曲線がほぼ重なって天井に張り付いており、光学性能は理想的であることが伺えます。Fマウントの単焦点超望遠レンズも同様ですが、各社の単焦点レンズは現実的な価格で最高のパフォーマンスを発揮するように社運をかけ...
カメラ・写真

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S 実写レビュー(VR:手ブレ補正編)

どんなに高解像度でも、軽量でも、手振れ補正が機能しないと手持ちで使うことができません。手ブレ補正機能がないころから、撮影するときのシャッター速度は一般的に「1/焦点距離」秒以上の高速シャッターが必要であると言われてきました。300mmのレ...
カメラ・写真

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S レビュー(総論)

究極の超望遠レンズ 2021年12月14日に開発発表されてから話題沸騰のNikonの超望遠レンズです。位相フレネルレンズを採用し、小型で超軽量な800mmです。野鳥、航空機、電車、スポーツなど望遠レンズが多用されるシチュエー...
カメラ・写真

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S:レビュー(重量編)

ネット上では「軽い軽い」と絶賛されていますが、絶対値としては決して軽くはありません。2.4kgほどあるので、2Lのペットボトルよりも重量があります。軽いか重いかは主観的な表現であり、今までFマウントの800mmF5.6を使っていた人が持て...
カメラ・写真

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S:レビュー(初見編)

発売日前日に注文したお店にいつ届くか問い合わせたところ、すでに入荷して出荷準備を進めているので、明日の発売日にお届けできます、とのことでした。 いくつになってもワクワクします。 超人気で初期ロットは早い者勝ちになるとのことだったの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました