ダイサギ、チュウサギ、コサギ

コサギはすぐにわかるとしても、ダイサギ、チュウサギの判定はなかなか困難です。名前の通り、体の大きさが大、中、小と異なるのですが、フィールドでは比較対象がないので、大きさはあまりあてになりません。遠くから見ると初心者には同じ白いサギにしか見えません。

熟練すると遠くからでも判定できるようになるのでしょうが、最初は双眼鏡や望遠レンズで特徴を見る必要があります。

ダイサギの特徴

  • 嘴が黄色
  • 口角が目尻より後方

チュウサギの特徴

  • 嘴が黄色
  • 口角が目尻より前方

コサギの特徴

  • 嘴が黒
  • 足が黄色(繁殖期は橙色~ピンク)
スポンサーリンク

同定

その他にも細かい特徴はありますが、上記特徴だけ覚えておけば概ね迷うことなく同定できると思います。

コサギは足を確認できればすぐに判定できます。
ダイサギ、チュウサギは口角の位置と目の関係で判定できるようになるでしょう。

著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、出世するのが嫌で退職。現在は大学非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
野鳥
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました