Nikon Z9:被写体検出:動物(アオサギ編)

「鳥」と一言で言ってもスズメ型、カモ型、サギ型など様々な形があり、犬や猫などの被写体検出よりも鳥の方が難しいのではないかと思っています。特に立ち止まっているサギ類は一般的な鳥類と姿形がかなりかけ離れています。歩いているダイサギはかなり高効率で目の検出ができていました。止まったアオサギはどうでしょう。

スポンサーリンク

アオサギの検出

  • ボディ:Nikon Z9( C:Ver.1.11 )ワイドエリア(L)被写体検出(動物)
  • レンズ:AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC14E-III

無理もないと思いますが、下を向いたり羽繕いをはじめると急に迷ってしまいます。目が見える横顔のシーンでは確実に目にフォーカスポイントを設定して追尾してくれますが、下を向いたり羽繕いをはじめると被写体を見失います。肩の辺りの小さな黒い陰を目だと勘違いしたようで、そこにフォーカスポイントを設定しています。
羽繕い中は人が見ても何だかわからないグレーの塊にしか見えないので、これを鳥と認識させるのは難しいと思います。

顔を上げて目が見えた瞬間に間髪を入れずに目にフォーカスポイントを設置してくれます。やはり目が見えているかどうかが被写体検出に大きくかかわっているのでしょう。目を検出したときのピントは高精度です。

目さえ見えれば、画面の中央になくても目にピントを合わせてくれます。

上の画像の等倍拡大

頭部アップ

アオサギの頭部だけでも目を検出して追従します。もはや鳥の形はどこにもないのですが、おそらく「目」を検出するアルゴリズムが優勢になるのでしょう。動き回っても問題はありませんでした。

カメラ関連
Nikon Z 9 ボディ
(実勢価格628,650~698,500円)
Nikon FTZ II 予備バッテリーEN-EL18d 予備バッテリー室カバー L型ブラケット 液晶保護ガラス
メディア
スピード重視 信頼性重視 信頼性重視 コスパ重視
標準ズーム
24-120mm f/4 S 24-50mm f/4-6.3 24-70mm F/2.8 S NIKKOR Z 24-70mm f/4 S 28-75mm f/2.8
単焦点レンズ
NIKKOR Z 20mm f/1.8 S NIKKOR Z 24mm f/1.8S NIKKOR Z 50mm f/1.2S NIKKOR Z 85mm f/1.8S NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
カメラ・写真野鳥撮影機材野鳥撮影動画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました