スマホ魚眼

使っているスマホはあまり近接撮影ができないので、このようなボケボケの写真になってしまいます。これはこれで味があって良いのですが。

うちには超絶にベタ馴れな文鳥がいます。野鳥を撮りに行っていない時、家ではほぼ放し飼いのこのブンチョウが家内のスマホ写真の被写体です。ブンチョウは好奇心が旺盛なので、スマホのレンズを向けるとレンズをつつきに来ます。

もちろん、そんな至近距離にピントが合わないので、ボケボケになったピンクと白の物体が写った写真が送られて来ます。それはそれで面白い写真ではあるのですが、もう少し何とかならないかなと思い、学生たちが使っていたスマホ用クリップオンレンズを思い出しました。ネットで調べるとスマホ用広角レンズ、マクロレンズ、魚眼レンズの類はたくさん出てきます。しかも2千~3千円と破格の値段です。早速購入してみました。

スポンサーリンク

スマホ用超広角、マクロ、魚眼の三点セット

次の日にもう送られてきました。開けてみてびっくりです。ケースに入った3点のレンズはどれも外観上は作りが大変良く、とても3千円で買えるとは思えないできばえです。果たして写りはどうでしょう。

超広角

しっかり作られている感じがします。写りは良いのですが、魚眼ほど迫力は出ません。このレンズは近接撮影ではなく、風景や集合写真などの画角を広くする用途で使った方が良いでしょう。

目にピントが来たのは偶然です。

マクロ

単純な凸レンズだと思います。カメラのクローズアップレンズと同じでしょう。写りはは思いのほか良く、かなりの近接撮影が可能です。周辺では多少色ズレが起こりますが、中心付近の解像度は高く、これなら卒論のマクロ撮影なら使える範囲でしょう。

魚眼

一番欲しかった魚眼です。これは面白いアダプターです。かなりの近接撮影もできます。ディストーションが強く、中心が大きく、周辺が小さく写るので、迫力ある写真が撮れます。

新総理と

これはおすすめ

コストパフォーマンスは大変高い製品だと思います。家内にプレゼントしたら大喜びです。これでもう少しピントが合った超接近撮影画像が送られてくることでしょう。楽しみにしています。

レンズ3個に対してクリップがなぜか2つしか付属していません。3つ付属していて欲しいと思いました。それほど使う頻度が高いわけではありませんが、使うときにレンズをクリップに付け替えるのがちょっと面倒です。値段考えると十分許せる範囲ですが。

写真家として、こんないい加減なスマホ写真を奨励しても良いのか、と言われそうですが、良いのです。いつも一眼できっちり撮影するだけだと疲れてしまうので、たまにはこういった遊び心満載のシステムでらっくり息抜きもしましょう。
きっと今までとは違うものが見えてくるはずです。このセットは作りもよく、こういった用途にはおすすめできます。
特にペットを飼っている人にはおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました