π一億桁

「何でこんな本買うの」と家内に怒られそうなので、通販でこっそり買いました。なんだかいけない買い物をしているようで、届くまでちょっぴりドキドキしたりします。小さい本なので、ポストに投函でした。

円周率1,000,000桁表(1996)

「円周率1,000,000桁表」は以前レポートも書きましたし、とある目的で毎日のように使っています。ここに書くと秘密がばれてしまうので言えませんが、日々役立っています。使いすぎてボロボロになったので2冊目を買ったくらいです。
ただひたすらπが小数点以下100万桁が書かれている小冊子です。π好きには必携の冊子です。
たったの314円(税抜き:価格にもこだわりが)でπ100万桁が手に入るのですから、買わない理由はありません。全人類一人一冊持っているべきです。

こちらは普通の視力があれば読めます。

円周率100,000,000桁表(2019)

素晴らしい、の一言です。
たったの628円(税抜き:314の2倍)で1億桁のπを手元に置いておけるようになります。πフリークは買わない選択肢はありません。一億桁ですよ。普通では考えられません。
現実的な大きさとページ数に収めるため、約0.1×0.3mmのマイクロ文字で印刷されています。そのため、肉眼では全く読むことができず、一面グレーの紙にしか見えません。冒頭と巻末の説明を除いて、全ページグレーのスクリーントーンのようです。知らずに買った人は文句を言うかもしれません。
でも良いのです。πフリークは、そこに一億桁のπが記述されていると思うだけでワクワクするものです。

実物

あらかじめ言っておきますが、肉眼では見えません。

1億桁です。ワクワクします。
あまりに字が小さくてグレーのページに見えます。
近寄っても文字は見えません。
拡大しても分かりません。
普通の虫眼鏡レベルの拡大鏡では刃が立ちません。
顕微鏡の10倍接眼鏡でかろうじて読めます。
冊子の地の部分に「π upto 100,000,000 digits」と書かれています。並々ならぬこだわりを感じます。
地に印刷しているのではなく、ページに印刷したものを製本して裁断すると文字が出てくる仕組みです。
ずれが少ないので、かなり高精度な印刷と製本を行っているのがわかります。

拡大

本当にπが書いてあるか疑っている人のために、拡大撮影をしてみました。冒頭部分を自作無限遠補正光学系撮影装置で4倍対物レンズを使って手持ち撮影してみました。

冒頭部分
本当にπが書かれています。

この印刷のために独自のフォントを作成したようです。1つのフォントの高さが30ドットで、2400dpiでの印刷だそうですので、一文字の高さは0.3175mmとなります。上下1mmに約3行印刷できます。
文字幅は10ドットなので、印刷された幅は約0.1mmです。10文字、例えば1415926535が約1mmの幅で印刷されています。

Amazon Link





円周率1,000,000桁表



円周率100,000,000桁表
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
出版芸術文房具数学教育収集
タイトルとURLをコピーしました