AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRに2倍テレコンTC20E-IIIは使えるか

普段、野鳥撮影では500mmF4FLにTC-14E-IIIを付けて使用していますが、特に拡大したい時のためにTC20E-IIIはいつも持ち歩いていました。F4に2倍テレコンをつけるとF8になってしまい、D500でもAFが微妙になってしまいます。また、暗くなるのでシャッター速度を遅くするか、感度を上げないとなりません。必然的に歩留まりが悪くなったり、画質が悪くなります。十分な光量があるシチュエーションで、動かない鳥を撮る場合のみの使用に限定されます。

先日、隣で家内がカイツブリの子育てを500mmF5.6PFで撮影していたのですが、もう少し雛を大きく写したいと言われ、試しに2倍テレコンをかませてみました。そういえば、500mmPFでテレコンは試したことがありませんでした。ならば無理を承知でやってみましょう。

スポンサーリンク

35mm判換算1500mmF11相当

家内が現在使っているシステムはZ50にFTZを挟んで500mmF5.6PFを付けています。FTZとレンズの間にTC20E-IIIを挟んでみました。DXフォーマットなので、35mm判に換算すると1500mmF11相当となります。
さすがにF11になるとAFは遅くなりますが、思ったよりもスムーズに合焦します。撮像面の位相差AFではなく、コントラストAFが優位になっていると思いますが、その分、ピントの精度は高いようで、D500 + 500mmF4FLで使用するよりも良く写ります。
しかも、テレコン分重くなるだけで、元が軽いので扱いは大変楽です。

何より、F11というかなり暗い開放F値にもかかわらず、ファインダーが暗くならず、ピントも構図もよく見えるところが目からウロコでした。一眼レフでは暗いレンズを使うとファインダーも暗くなり、ピントの山も見えなくなります。このあたりはミラーレスの恩恵です。

画質

もちろん、単体で使用するよりも画質は落ちますが、今まで一眼レフとの組み合わせで使った時よりも遥かに写りが良いように思います。一眼レフではテレコンを入れたセットでAFの微調整を行わないと、どこかピントが甘くなったような描写になるものです。ピント微調整は撮影距離によっても異なるので、どんなに追い込んでも距離の変化によっては甘い画像になっていたのでしょう。ところが、ミラーレスでは、テレコンを入れた場合でも像面位相差AFやコントラストAFが功を奏して一眼レフでの使用よりも高精度でピントが合うのではないでしょうか。開放F11では到底無理だと思っていましたが、Z50は頑張ってAFで何とか合わせてくれます。正直、期待以上の写りで驚きました。

もちろん、焦点距離が2倍になり、F値も暗くなってシャッター速度が遅くなるので、細心の注意でシャッターを押す必要がありますが、AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRの手振れ補正はかなり優秀で、手持ちでも歩留まり良く写せました。家内のカメラは現在絞り優先モードでシャッター速度の下限が1/200sだったので、感度がISO 2000前後に上がってしまいましたが、マニュアルでシャッター速度をもっと落とし、一脚を使えばより高画質になるでしょう。十分な明るさがある被写体では仕事にも使えるレベルに追い込むこともできそうです。

参考にいくつか掲載しておきます。

作例

以下すべてAF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRに2倍テレコンTC20E-IIIを装着し、FTZを介してZ50で撮影した画像を横幅800ドットに縮小したものです。

上の写真の部分拡大
解像感は多少失われていますが、ピント精度は大変高い。

ボケも素直だと思います。

元来MTF曲線が天井に張り付いているようなレンズですから、2倍テレコンを使っても像の悪化は許容範囲なようです。
明るく、あまり動かない鳥をじっくり撮る余裕がある場合限定ですが、ダメもとで使ってみたら、予想以上に使えた、という報告でした。

タイトルとURLをコピーしました