鎌倉十井(かまくらじゅっせい)

鎌倉には10基の有名な井戸があります。それを鎌倉十井といいます。
20年ほど前から健康のために鎌倉の市内を歩くようにしていましたが、無目的に歩くよりも、この鎌倉十井をすべて写真に収めようと思い立ちました。コレクター魂も満たされますし、健康にも良いので、ライフワークとしています。

鎌倉十井は有名なもので、人気が高いものと思っていましたが、実際に巡ってみると鎌倉十井に興味を持っている人はあまりいらっしゃらないようで、訪れたすべての井戸たちの周りには誰もいない状態でした。不思議です。私たちが異常なのでしょうか。

9基は制覇しましたが、棟立の井のみ非公開で未だお目にかかれていません。その方がいつまで経っても完成されないので良いのかもしれません。いつかきっと、と思い続けられます。

スポンサーリンク

十井

泉の井
鎌倉十井:泉の井(いずみのい) 浄光明寺の近くで、見つけるのは特に難しくはありません。 人為的に掘った井戸と言うより、自然にできた湧水の様な形態です。 底には枯葉がたまっていましたが、水は...
扇の井
鎌倉十井:扇の井(おうぎのい) 扇の井らしき井戸を発見。個人宅の敷地内のため、見学はできません。 散歩コースなので、何度も確認しに行きました。 300㎜で撮影。はっきりと「扇の井」と読めます。間...
瓶の井
鎌倉十井:瓶の井(つるべのい) 明月院境内にあり、普通に公開されているので問題なく行きつけます。 蓋は閉まっていますが、今なお使用可能なようです。 井戸だけではなく、明月院の境内は四季折々楽しめるので、かなり頻繁に訪れて...
甘露の井
鎌倉十井:甘露の井(かんろのい) 浄智寺の山門前なので、すぐに発見できます。 竹のカバーがちょっと朽ちてきています。...
鉄の井
鎌倉十井:鉄の井(くろがねのい) 鎌倉一の繁華街、小町通りの一番八幡宮側の角にあるので探す必要もありません。 残念なことに、鎌倉十井に興味がある人は極めて少ないようで、誰にも注目されていないようです。写真を撮っているのはわれわれだ...
底脱の井
鎌倉十井シリーズ:底脱の井(そこぬけのい) 海蔵寺山門脇にあります。鎌倉からも北鎌倉からも距離がありますが、程よい散歩コースです。 底脱の井も、人為的に深く掘った井戸という趣ではなく、湧水...
銚子の井
鎌倉十井シリーズ:銚子の井(ちょうしのい) かなり分かりにくい場所にあります。しかも、鎌倉駅から結構歩きますし、車の交通量も多く、散歩に適した道ではありません。 石碑。知らないと通り過ぎてしまうでしょう。...
星の井
鎌倉十井シリーズ:星の井(ほしのい) 長谷の虚空臓堂手前の歩道にあります。銅葺きの立派な蓋が付いた大型の井戸です。
棟立の井
鎌倉十井シリーズ:棟立の井(むねたてのい)覚園寺境内にあると聞いたので、覚園寺に行ってみましたが、棟立の井は現在一般公開していないようです。鎌倉十井で唯一写真が撮れていない井戸です。
六角の井
鎌倉十井シリーズ:六角の井(ろっかくのい) 材木座海岸の一番東端から丘に上がったあたり、逗子マリーナに近い位置にあります。鎌倉から歩くと結構な距離があります。 井戸の上にやぐらが組まれていますが、あまりメンテナンス...

その他

著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、出世するのが嫌で退職。現在は大学非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
建築収集史跡
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました