国産の美しい軸

家内が4月生まれなので、またボールペンのプレゼントです。「またペンかよ!」と言いながら渡したら笑われました。

万年筆やボールペンの軸のデザインは、イタリアをはじめとするヨーロッパ諸国のデザイナーが作るデザインが好きなのですが、日本にも優れた職人がいます。

スポンサーリンク

竹内靖貴氏の手作りボールペン

迷宮の庭園 大水路という名前です。
これは一目ぼれでした。なんと美しいデザインでしょう。しかも今までに見たことがない奇抜な柄と形です。配色もパーフェクトです。
筆記具は迷っていると販売終了になってしまうこともあるので、見つけた時に即購入するのが基本です。今まで何度も痛い目に合っているので、これもすぐに注文しました。

数日後にサイトを見たら案の定「品切れ」になっていました。くわばらくわばら。

到着

注文当日発送、翌日到着です。便利な世の中です。

この手の手作り樹脂系軸は1本ずつ模様が異なり、同じものがありません。どのような模様のものが届くかは、買ってみないと分からないドキドキ感があります。届いた個体は大変美しく、良いパターンだと思いました。

1本ずつ丁寧に旋盤で加工した様子が見てとれます。

斬新なデザインです。微妙な曲線は大変持ちやすく書くのが楽しくなります。アクリルの複雑な模様は美しく、吸いこまれるようです。 透明性があり、奥行きを感じます。光の当て方によって反射や発色が異なって見えます。 ずっと見ていても見飽きません。眺めているだけで想像力がかき立てられます。

かなり派手なペンなので、使う人を選ぶかもしれません。小中学生が使っていたらナマイキでしょう。成人女性でないと持ってはいけないような、どことなく王侯貴族風の高貴な雰囲気を醸し出しています。

大変喜んでもらえました。ペンシースに入れられて、塾で使ってくれているようです。
本人からは「またペンかよ」とは言われませんでしたが、きっとそう思ったに違いありません。でも良いのです。半分は自己満足です。ペンマニアと結婚した宿命として諦めてもらいましょう。
実はもう次のペンも候補がいくつかあります。

リフィル

個人的に唯一ちょっぴり残念なところは、リフィルがパーカータイプではなく、クロスタイプなところです。一般の方々にはあまり関係ないかもしれませんが、ペンマニアからするとリフィルの選択肢が極端に少ないので、リフィルを変えて楽しむという遊びが限定されます。現状では、クロスの純正か、三菱鉛筆のSK-8くらいしか使えません。
クロスはアルファベット筆記を前提に作られているようで、ボール径1.3mm、1.0mm、細字用でも0.8mmまでしかありません。書き味もサラサラではなく、粘度が高いインクを使用しています。英語のサインなどをするときにはちょうど良い書き味だと思いますが、細かい漢字を書くのにはあまり適していません。国産では三菱のクロスタイプリフィルSK-8、0.8mmの黒1色しかありませんが、純正リフィルよりも評判が良いようなので、今度試してみます。

オートの0.5mmのニードルポイントや0.38mmのジェットストリームのクロスタイプ互換リフィルを切望します。さらに、フリクションのクロスタイプやパーカータイプもできたらボールペンマニアは泣いて喜ぶことでしょう。リフィルメーカーにお願いしたいところです。

クロス替芯 8514 ブラック 細字(F)
クロス替芯 8513 ブラック 中字(M)
クロス替芯 8512 ブルー 細字(F)
クロス替芯 8511 ブルー 中字(M)

SK-8
三菱鉛筆のクロスタイプリフィル
0.8mm

SK-8の10本セット
三菱鉛筆のクロスタイプリフィル
0.8mm

後日談

クロスの細字(青)とSK-8を取り寄せて入れ替えてみました。
意外にも家内はクロス純正替芯 8512 ブルー 細字(F) が気に入ったようです。落ち着いた良い青色です。クロス純正リフィルは太いとか、ボテるとか、昔はあまり評判が良くなかったのですが、最近はずいぶん進化しているようです。青い軸に青いリフィルで、分かりやすいと好評でした。

オリジナルペンシース
ボールペンや万年筆が痛まないように1本ずつ入れるケースをペンシースと呼ぶそうです。市販されているペンシースは立派なものばかりなので、もっと気軽に使えて、それぞれのペンにジャストフィットするオリジナルペンシースを自作してみました。
ボールペンの心臓部:パーカータイプのリフィル
文房具マニアですが、なんだかんだ言って、結局普段使うのはシャープペンシルとボールペンです。特に書類を書いたり宅急便の宛名を書いたりすることが多いので、圧倒的にボールペンの使用頻度が高いのは事実です。ボールペンマニアは、素敵...
マーレン モナムール フェム ボールペン
こんなに可愛いボールペンは初めて見ました。衝撃的です。家内へのプレゼントとして買おうと思ったのですが、国内にマーレンの在庫を置いているお店はなく、しかもパーカータイプリフィルが使えるタイプは扱っていないので、直輸入するしかありませんでした。
モンテベルデのボールペン
モンテベルデは、イタリアの筆記具メーカーであるデルタ社の総代理店をアメリカで営んでいた社長が、1978年に創業した若い会社です。デルタ社で修行を積んだ職人が作っているという話なので、どことなくデルタ社のデザインの系譜が感じられる曲線美が特...
ヴィスコンティ ボールペン ディヴィーナ ブラック(Visconti Divina Black)
美しすぎるデザインです。こういうセンスはさすがイタリアです。はじめて見た時は衝撃的でした。筆記具フリークの心を鷲づかみにします。
ティファニー ボールペン パロマ グルーブ スターリングシルバー
パブロ・ピカソの娘、パロマ・ピカソがデザインしたティファニーのボールペンです。これもデザインに一目ぼれです。スターリングシルバーの名の通り、銀メッキや銀張りではなく、92.5%の銀で作られています。そのため、比較的...
マルチペン
ラミー 4pen L497 ブラックを長年愛用しています。黒、赤、青のボールペンに0.7mmのシャープペンも入っているところがポイントです。 ラミー 4pen L497 ブラック以前はロットリングの...
美しすぎるボールペン
なぜこれほど筆記具にこだわるのかわかりません。先祖が文房具屋だったのかしら。大多数の社会人が、普段一番使う筆記具はボールペンだと思います。自分もその例にもれず、胸ポケットには常にボールペンを忍ばせていないと不安になります。...
LAMY Dialog 2 L374
建築系や美術系の人には分かってもらえると思いますが、ペンを回しながら書く訓練を受けた人はペンのクリップが大層じゃまだと感じていると思います。このペンは使う時にクリップが消えるのです。画期的です。
デルタのドルチェビータ(DELTA Dolce Vita)
「南イタリアの太陽」 と称される鮮やかなオレンジと黒のコンビネーションが印象的なデルタのドルチェビータシリーズ。万年筆が有名ですが、実際のところ、万年筆をそれほど使うかと問われると、日本の日常生活ではあまり活躍で...
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、出世するのが嫌で退職。現在は大学非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
文房具収集
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました