Nikon Z9:ファームウェア Ver. 3.01レビュー:実写編(野鳥静体撮影)

ファームウェア Ver. 3.01の説明文にワイドエリアAFや被写体検出精度が向上したとの記述がありましたので、フィールドでテストをしてみました。Ver. 3.00からAF周りの向上は認められていましたが、よりブラッシュアップされていることが期待されます。数字からはマイナーバージョンアップ扱いのようですが、AF周りのアルゴリズムの向上はユーザーからすると重要な変更です。

スポンサーリンク

テスト条件

  • ボディ:Nikon Z9(Ver. 3.01)
  • レンズ:NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S(開放)

すべて手持ち撮影。

ファインダーログ

ジョウビタキ

愛してやまないジョウビタキのメスです。ほぼ外すことなく目を検出しつづけています。目が見えている横向きショットはほぼ完璧です。
あえて背後からも狙ってみましたが、一時的に後ろを向いて目をロストしても頭部付近にフォーカスポイントをとどめておいてくれます。ネジクリポーズで振り返って目が見えた瞬間に目を再検出してくてます。

別日に再度テストしてみました。やはり瞬時に目を検出して、どんな角度でも追従してくれます。

Exposure Time : 1/100
F Number : 6.3
ISO : 2000
Exposure Compensation : +2/3
中央部1920×1280切り出し

ピント精度も問題ありません。ハチロクサンの恩恵で、この距離の手持ち撮影でも自分のピント基準としている目の周りのツブツブの羽毛も解像していますし、その内側の黒い瞼の縁のツブツブも解像しています。

シジュウカラ

黒い羽毛に黒い目が埋もれていますが、確実に目を検出してくれます。ずっとちょこまかと動き回っていますが、フォーカスポイントは外すことなく追従しています。

アオジ

ワイドエリアAF(L)や最大に拡張したワイドエリアAF(C1)を切り替えたり、フォーマットをFX、DXと切り替える実験をしています。どの条件でも被写体検出と追従はほぼ理想的な挙動です。

丁度よいところにアオジが登場してくれたので、再確認してみました。上のファインダーログの様に、やはり目の検出率と追従性は確実に良くなっていると感じます。後ろを向いて目が見えなくてもAFがどこかに行ってしまうこともなくなりました。

Exposure Time : 1/100
F Number : 6.3
ISO : 560
Exposure Compensation : +1
中央部1920×1280切り出し

拡大すると、個人的にピントの基準としている目の周りのツブツブもきっちり解像しています。

カワセミ

カワセミがどちらを向いても目を確実に検出します。途中エリアを最大に拡大したワイドエリアAF(C1)に切り替えていますが、被写体の検出と追従は問題なく動作しています。

サギ類

サギ類は以前から検出には問題ありませんが、一応テストしておきます。特に問題はありません。鳥の中では特殊な形状ですが、全体像ではなく、首から上だけでも確実に被写体として認識して目を検出します。ただし、これはVer. 2以前から同様な挙動を示します。

ハクセキレイ

ハクセキレイもほぼ確実に目を検出します。目の追従性とピント精度は上がったのかもしれませんが、比較できないので気のせいかもしれません。

メジロ

今までのバージョンでは、メジロの検出は他の野鳥よりも少し弱いと感じていました。他の野鳥よりも目のコントラストが高いので、より良く検出されそうなものですが、意外と検出されなかったり、追従も外すことが結構ありました。何かバグがあったのかもしれません。
今回のVer. 3.01では他の野鳥と同様に、瞬時に目を検出して、追従性も明らかに向上しました。

xposure Time : 1/100
F Number : 6.3
ISO : 560
Exposure Compensation : -1/3
中央部1920×1280切り出し

今まで検出も追従もあまりよくない印象だったメジロも、Ver. 3.01からよく拾うようになったようです。目の周りが白いという他では見られないパターンなので、被写体検出が誤作動していたのかもしれません。よくわかりませんが、そのあたりの修正が加えられたのでしょうか。正面を向いた難しいシチュエーションですが、至近側の目にバッチリピントが来ています。

総評

上の動画の通り、あまり動かない野鳥に対してはほぼ理想的に被写体として認識して、目が見えている構図では目に縮小されたフォーカスポイントをピンポイントで設置してくれます。追従性も高く、野鳥がどの方向を向いても目を検出しようとしていることがうかがえます。

Ver. 3 以降で特筆すべき点は、被写体を一度ロストしても背景に貼りついたりしなくなった点です。それ以前は一度ロストするとAFが前後に探索に行ってしまいました。多くの場合は背景に合焦してしまい、マニュアルで戻さない限り決してAFでは戻ってくれなくなる、という挙動でした。
Ver. 3以降は一度ロストしてもAFは前後に探索に行かず、直前に合焦していた付近を探索したり、少しその付近にとどまるような挙動を示します。
具体的には野鳥の横顔で目を検出していても、急に後ろを向くと以前は背景に飛んでしまうことが多かったのですが、Ver. 3以降は後頭部にフォーカスポイントを置いたままになり、再度横を向いて目が見えると瞬時に目の検出に復帰する、という動作が見受けられます。

上記のように、野鳥がある程度の大きさで写っているシチュエーションでは、ほぼ目を検出した状態を維持していました。人やその他の哺乳類はまだテストをしていませんが、野鳥の静体撮影に関しては撮影がずいぶん楽になりました。飛翔などの動体も今後テストしてみます。

Z9を1台しか持っていないので、Ver. 2からの進化やVer. 3.00とVer. 3.01の同一ターゲットによる詳細な比較はできません。定量的な評価やエビデンスを示すことができないので信ぴょう性に欠けますが、感覚的には確実な進化を感じています。

追記(2023年1月1日)

前景に枝などがあるシチュエーションで、広めのワイドエリアAFを使っている場合、なかなか被写体検出がされないことがあります。他社と比べてどうなのかは分かりませんが、ちょっと離れた野鳥を枝被りを避けて抜いたような状況では枝を拾ってしまい、なかなかターゲットに合焦しません。Ver. 3以降で背景に抜けなくなったアルゴリズム変更の弊害なのかもしれません。被写体検出できない場合も前後に探しに行かないふるまいをするので、一度前景の枝に合ってしまうと、その奥の野鳥は検出できなくなるようです。
ちょっとマニュアルフォーカスでアシストするか、ファンクションボタンに割り当てたシングルポイントAFを使って無理やり被写体に合わせると、はっと気づいたように被写体を認識して目を検出してくれます。一度検出されるとその後は目の追従性も良く、ずっと食い付いてくれます。
前景がある場合は初動のみ人為的なアシストが必要なようです。

ブッシュの中の野鳥など、コントラストが高い前景がたくさんあるような状況では注意が必要です。

Nikon Z9:ファームウェアVer. 3.01:ファーストインプレッション
2022年12月20日。発売から丁度1年でファームウェア Ver. 3.01がリリースされました。10月26日のVer. 3.00から2ヵ月しか経ってなく、バージョン番号の差が0.01なので、扱いとしてはマイナーバージョン...
Nikon Z9:レビュー(総論)
満を持して登場したニコン最強のミラーレスフラグシップZ9を徹底レビュー。野鳥写真家の目から見て、一眼レフを超えられるのか、良いところ・悪いところを検証します。特に世界最多とうたわれている被写体検出の動作をメーカー記載の範囲を超えてチャレンジしてみました。
Nikon Z9:ファームウェア Ver. 3.xx(Ver. 3.00〜):総論
ファームウェア Ver. 3.002022年10月26日、Z9のファームウェア Ver. 3.00がリリースされました。Ver. 2.11からVer. 3.00なので、メジャーアップデートです。大幅な機能追加やアルゴリズム...
Nikon Z9:AFエリアモードの違いによる被写体検出(鳥)の挙動の検証(ファームウェア Ver. 3.01)その1
購入当初から疑問を持ったまま使っていました。被写体検出機能は各種ワイドエリアAF、3DトラッキングAF、オートエリアAFのAFエリアモードで使えますが、各AFエリアモードでの被写体検出の違いはあるのだろうかという疑問です。静止した...

カメラ関連

Nikon Z 9 ボディ

野鳥撮影にも最強のパフォーマンスを発揮するミラーレスフラグシップです。被写体検出機能で野鳥も認識して目にフォーカスを合わせてくれます。本格的に野鳥撮影をする方にはおすすめです。
FTZ-IIを介して今までのFマウントの超望遠レンズも問題なく使えます。ZマウントのNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sとの組み合わせは5.5段のVRが効き、800mm(DXで1200mm)ながら手持ち撮影が可能になります。



Nikon FTZ II


予備バッテリーEN-EL18d


予備バッテリー室カバー


L型ブラケット


液晶保護ガラス

メディア



静止画メイン推奨
165GB


大容量
325GB


動画メイン大容量
650GB


LEXARのCFexpress type B
128GB


動画メインのプロの方向けNikon純正
660GB

標準ズーム



24-120mm f/4 S
イチオシ標準ズーム


24-50mm f/4-6.3


24-70mm F/2.8 S


Z 24-70mm f/4 S


28-75mm f/2.8

単焦点レンズ



NIKKOR Z 20mm f/1.8 S


NIKKOR Z 24mm f/1.8S


NIKKOR Z 50mm f/1.2S


NIKKOR Z 85mm f/1.8S


NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Zマウント)

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

位相フレネルレンズ採用の小型軽量の800mm単焦点レンズです。全長385mm、重量約2385gで、800mmの超望遠レンズとしては驚異的な軽さです。5段分(Z9との組み合わせでは5.5段)のVRにより、手持ち撮影が可能です。DXフォーマットで使用すると1200mmF6.3相当となります。野鳥撮影に威力を発揮します。
1.4倍、2倍のテレコンを使用しても画質の劣化が少なく、FXで1120mmF9、1600mmF13、DXで1680mmF9相当、2400mmF13相当となります。

Zマウント純正テレコンバーター



Nikon Z TELECONVERTER TC-1.4X


Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0X

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Fマウント)



AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR


NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR


マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
Nikon Z9
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました