野鳥のポージング

オーソドックスな図鑑的写真ばかり撮っていると、ちょっと変わったしぐさやポーズを求めるようになってきます。撮らせていただけるだけでありがたいはずなのに、贅沢な要求です。

スポンサーリンク

好きなポーズ

野鳥を撮影していると時々大変魅力的なポーズをしてくれることがあります。それがあまりに可愛らしかったり美しいポーズなので、そのポーズを狙うようになってしまいます。個人的に好きで狙っているポーズがいくつかありますので、ご紹介します。
なお、ネーミングは勝手につけたもので、一般的なものではありません。
野鳥のポーズに名前はないのか、大学教授や鳥類学者にも聞いたのですが、「そんな野鳥のポーズに対する名称はない」と一笑に付されました。確かにネットでいくら調べても出てきません。ならば作りましょう。表現するのに不便なので、独断で名前をつけてみました。

ねじくり

一番好きなポーズです。他の脊椎動物よりも頸椎が多い鳥類だからこそできるポーズです。

定義

  • 体は背中を見せている
  • 頭部は横向きもしくは後ろを向いている
  • できれば目線がカメラを向いている

解説

背の配色や模様が見え、嘴の形状や色、頭部の過眼線や眉斑などが同時に記録されるので学術的にも価値があるポーズです。
しかし、そんなことより、このポーズはとにかく「可愛い」のです。振り返ってこちらを見ているポーズは、見返り美人図と同様、純粋に魅惑的なポーズなのでしょう。

首をねじったポーズなので「ねじくり」と呼んでいたところ、テレビのコマーシャルで可愛らしい女性が幼鳥が翼をばたつかせるようなダンスをしながら「ねじくり」と繰り返し歌っているのを見て、なんとタイムリーだと思ってしまいました。後で調べたら、「レジクリ」と言っていたようです。先入観があって、「ねじくり」に聞こえたのです。でも、そんないきさつがあって、自分の中では「ねじくり」が定着してしまいました。

トトロ

これも大好きなポーズです。横から見た形とは異なり、ずんぐりして可愛いさ100倍です。

定義

  • 体はほぼ正面で腹が見えている
  • 頭部は90度回転していて、横顔が見えている

解説

「となりのトトロ」トトロの形に似ているので私達は「トトロ」と呼んでいます。こんなネーミングをするとスタジオジブリに怒られるかもしれませんが、別サービスですし、負のイメージを与えるものではないので、法的には問題ないでしょう。ジョウビタキのメスなどのこのポーズは本当にトトロのイメージです。

このポーズもとにかく可愛いのです。特に冬鳥が寒い日に体を膨らませていると鳥とは思えないフォルムになります。
猛禽類以外の鳥たちは目が頭の側面についているので、正面はあまり見えず、よく見ようとするときは顔を横に向けます。この写真も上の方を見ているわけではなく、左目でこちらの様子をうかがっているのです。

はてな

ちょっと首をかしげているポーズです。鳥は、体がどんな体制でも頭部だけは水平に保っていることが多いので、ちょっとでも傾いていると可愛く見えます。

定義

  • 頭部のみ少し回転(ロール)
  • でできれば目がこちらを向いている
  • はてなっぽく見えれば体の向きは不問

解説

以前から疑問でしたが、人も含め、犬や猫も見慣れないものを見ると首をかしげます。脳の血流を変化させるなど、なにか生物学的・解剖学的な理由があるのでしょうか。高等生物に共通する動作のように思います。

人物の撮影でも頭を真っすぐにするよりもわずかに傾けると可愛らしく見えたり、明るく見えるというポージングがあります。優れたモデルは自分が一番可愛く見える角度などを研究しているので、黙っていてもポンポンそれを出してきてくれます。野鳥も「この子は自分が可愛いことを知っているじゃないか」と思うほど、首をちょっと傾けて可愛らしいポーズをしてくれることがあります。

首をかしげて疑問に思っているのではなく、単に片目で上を見ているか地面を見ているのかもしれませんが(その可能性の方が高い)、いいのです。可愛く見えれば。

うー

必要以上に上を向いているポーズです。

定義

  • 頭部を真っすぐに上に向けている
  • 基本的にロールやヨーの動きはない
  • 上を向けば向くほど吉

解説

時折何でこんなに上を向くのだろうと思うほど上を向くことがあります。思わず「うー」と言ってしまいたくなります。
大きな餌を丸のみしたときなどにもよく見せます。食道をストレートにして食物を通過しやすくしているだけかもしれませんが、いいのです。

上を向いているポーズは、向上心を感じられます。キャッチライトが入ることも多いので、生き生きとした目でこれから未来に向かって飛び立とうとしているように見えます。

バンビ

鳥種によりますが、時折尾羽を上にあげることがあります。ディズニーのバンビの尾がいつも上にあがっていたので、そんなイメージでバンビと呼んでいます。

定義

  • 通常よりも尾羽だけが上にあがっている
  • 90°に近いほど吉

解説

これも可愛いらしいポーズです。
鳥種によっては頻繁に行いますが、人間に可愛いと思わせる以外にこんなポーズをする意味はないのではないかと思ってしまいます。今風の言葉で言うと「あざと可愛い」とでも言うのでしょうか。自分が可愛いことを知っていながらさらに可愛いポーズをしている様にしか見えません。もー、尾羽を上げるだけでオジサンたちはメロメロでイチコロです。
排泄時に排泄物が羽毛に付かないようにするとか、繁殖期のアピールとか、彼らにとっては色々と大人の事情があるのかもしれませんが、いいのです、可愛いから。

ジュディ・オング

歳がばれてしまいますが、こういうポーズを見て我々世代がすぐに思い浮かぶのはジュディ・オングさんの衝撃的な衣装です。

定義

  • 翼を広げて立っている
  • 向きは任意
  • 翼が開いていれば開いているほど吉

解説

翼を乾かしていたり、羽繕いの途中だったりしますが、翼を大きく広げて静止する瞬間があります。そのときを逃さず撮影するとジュディ・オング風写真が撮れます。
羽の模様や羽の配列などが克明に撮れるので、学術的にも貴重な記録になります。
この場合も目にピントを合わせるのが基本ですが、目と翼は結構離れているため、翼はボケてしまいがちです。両方にピントを合わせたい場合は少し絞り込むと良いでしょう。

ぽたん

おだんごのように脚を縮めてお腹を下に付けているポーズ。洋服のボタンではなく、花の牡丹と同じイントネーションの「ぽたん」です。その方が可愛く聞こえます。

定義

  • 脚を目いっぱい縮めている
  • 体を丸く縮めている
  • お腹を枝や地面に付けている(隙間が空いていない)
  • 体は正面

解説

結構様々な鳥種が休んだりするときにとるポーズです。鳥にとっては座っているような形で、楽なのでしょうか。正面から見ると、餅や団子のようですこぶる可愛く見えます。

ヒョ

「ぽたん」とは対照的に脚を延ばし、体もできるだけ細長く伸ばしたポーズです。

定義

  • 脚を目いっぱい伸ばしている
  • 体も目いっぱい伸ばしている
  • 遠くを見ようとしている
  • 向きは不問

解説

飛ぶほどでもないけど、普段の姿勢より高い位置から見ようとして目の位置を可能な限り高い位置に持って行こうとして脚と体を目いっぱい縦に伸ばしている図です。

まとめ

野鳥はどんなポーズでも基本的に美しい形なのですが、その中でも個人的に特に可愛らしかったりきれいに見えるポーズを選んでみました。それぞれの好みもあると思いますし、他にももっと良いポーズがあると思います。鳥種によって似合うポーズも異なるかもしれません。
野鳥撮影に馴れて、ちょっと余裕が出たら好きなポーズを狙ってみてください。撮影の楽しさが倍増すると思います。

いずれのポーズでも、目にピントをあわせるのは必須です。また、白い羽毛がある鳥種では、白飛びしないように露出補正をするのも基本です。とくに白い眉斑や白い紋、腹部が白い種などは白飛びしやすいので注意が必要です。

さあ、皆さんも明日から様々なこだわりのポーズを狙ってみてください。そんな視点で野鳥と対峙していると、新しい発見ができるかもしれません。

野鳥撮影カメラとレンズ2021-2022
仕事柄野鳥撮影のためのカメラセットの相談をよく受けます。野鳥を撮るために何を買ったらいいのか。そんな聞き方をしてくるくらいですから、野鳥撮影がはじめてと言うよりも、カメラ自体はじめての方々です。学生にもよく聞かれますし、フィールド...
野鳥撮影に最適なカメラとレンズの組み合わせ:その1
これから野鳥撮影をはじめたい人も、ステップアップしたい方も必見。Nikonのキットレンズから500mmF5.6PFレンズまで実際に使用したサンプルを掲載しました。自分に適したボディとレンズを見つけられるはずです。
野鳥撮影に最適なカメラとレンズの組み合わせ:その2
ハイアマチュアから更なるステップアップを目指す方々へ。写真家のこだわりの機材を紹介させていただきます。やはり最終的には大口径単焦点レンズに行ってしまうしかないでしょう。
身近な野鳥 2020 CALENDAR:癒される、かわいい野鳥カレンダー
都市部の公園にも、かわいらしい野鳥はたくさんいます。このカレンダーの写真は、東京都、神奈川県の公園で撮影した野鳥のみで構成されています。レアな野鳥ではなく、都市部で人との共存を選んだ勇気ある身近な野鳥たちにスポットライトをあてました。見た人が癒される写真を目指して撮りましたが、実は撮影者が一番癒されていました。
アサヒカメラ休刊に伴う身近な野鳥カレンダー2021の解説
「身近な野鳥カレンダー2021」の全撮影データと機材の紹介をさせていただきます。野鳥撮影がうまく行かない方々や、これから野鳥撮影をはじめる方へ、プロの写真家が何を考えて絞りやシャッター速度を決定しているのか、何に気を付けて露出や構図を決めているのかを余すことなくお伝えしたいと思います。参考になれば幸いです。
身近な野鳥カレンダー2022
身近な野鳥カレンダー2022年版も私どもの野鳥写真を採用していただきました。緑書房さん、ありがとうございます。今回もこれから野鳥撮影をはじめられる方々のために僭越ながら撮影のポイントとEXIFデータの公開をさせていただきま...
ねじくり
背中を見せながら目をこちらに向けている野鳥のポーズを「ねじくり」と命名しています。野鳥の一番可愛いポーズだと思っています。みんなで「ねじくり」撮影をしましょう。

カメラ関連

Nikon Z 9 ボディ

野鳥撮影にも最強のパフォーマンスを発揮するミラーレスフラグシップです。被写体検出機能で野鳥も認識して目にフォーカスを合わせてくれます。本格的に野鳥撮影をする方にはおすすめです。
FTZ-IIを介して今までのFマウントの超望遠レンズも問題なく使えます。ZマウントのNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sとの組み合わせは5.5段のVRが効き、800mm(DXで1200mm)ながら手持ち撮影が可能になります。



Nikon FTZ II


予備バッテリーEN-EL18d


予備バッテリー室カバー


L型ブラケット


液晶保護ガラス

メディア



静止画メイン推奨
165GB


大容量
325GB


動画プロ向け
650GB

標準ズーム



24-120mm f/4 S
イチオシ標準ズーム


24-50mm f/4-6.3


24-70mm F/2.8 S


Z 24-70mm f/4 S


28-75mm f/2.8

単焦点レンズ



NIKKOR Z 20mm f/1.8 S


NIKKOR Z 24mm f/1.8S


NIKKOR Z 50mm f/1.2S


NIKKOR Z 85mm f/1.8S


NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Zマウント)

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

位相フレネルレンズ採用の小型軽量の800mm単焦点レンズです。全長385mm、重量約2385gで、800mmの超望遠レンズとしては驚異的な軽さです。5段分(Z9との組み合わせでは5.5段)のVRにより、手持ち撮影が可能です。DXフォーマットで使用すると1200mmF6.3相当となります。野鳥撮影に威力を発揮します。
1.4倍、2倍のテレコンを使用しても画質の劣化が少なく、FXで1120mmF9、1600mmF13、DXで1680mmF9相当、2400mmF13相当となります。

Zマウント純正テレコンバーター



Nikon Z TELECONVERTER TC-1.4X


Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0X

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Fマウント)



AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR


NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR


マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
野鳥撮影芸術
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました