Nikon Z9:レビュー(総論)

2021年末、ようやく安心して一眼レフから移行できるミラーレスフラグシップ機が登場しました。フィルム時代から撮影に携わってきた身としては、半信半疑の機能が多く、Z9が登場するまでミラーレスへの移行は躊躇していました。Z9のティーザー広告を見て、「本当かよ」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。一眼レフを使ってきたカメラマンが、Z9の良いことずくめの広告を見て鵜呑みにしていいのか、実際の作例やファインダーのログを徐々に公開していきますので、そこからご判断ください。カメラは使う人や被写体によって評価が大きく分かれます。ある人にとっては使えるカメラでも、ある人には役に立たないこともあります。そのため、「どんな状況でも最高のカメラだ!」などという評価はできません。事実だけを述べますので、それがご自身の仕事に有用だと判断されたら、きっと使えるカメラなのでしょう。特に仕事として使う道具ですから、一眼レフよりも劣っている部分があったら買い替える意味がありません。
個人的には一眼レフからの全面移行を行い、仕事カメラとしては好印象を得ています。

スポンサーリンク

検証

Z9のすべての機能をあらゆるシチュエーションで検証するのは不可能ですので、極めて個人的な使用感やレポートであることをあらかじめご了承ください。
仕事としては、医療カメラマンとして医学・獣医学・薬学系分野での学術論文や教科書、セミナー素材などの撮影と、野生動物、野鳥の撮影を生業としています。医療系の画像は倫理的問題もありますし、見て楽しむものではないので公開はできませんし、あまりに特殊な分野なので参考になることもあまりありません。したがって、このサイトでレポートできるのは野鳥をメインターゲットとしたものになります。野鳥撮影でのZ9の使用をお考えの方々の参考には多少なりともなるかもしれません。

Z9には多くのすぐれた特徴がありますが、その中でも特に一眼レフからZ9に移行する価値があると思われる機能を検証してみたいと思います。おそらく、今まで一眼レフカメラを使ってきた方々が最も気になるであろうZ9のポイントのまとめです。

ファインダー

一眼レフからの移行者が真っ先に不安に思うのがEVFだと思います。おそらくOVFにこだわりを持って一眼レフを使い続けていると思います。かく言う自分もそうでした。
個人的な感想ですが、Z9を使ってみて、今ではもう一眼レフには戻れないと思っています。

被写体検出

個人的にはZ9に一番期待していた機能です。この機能の出来・不出来はZ9の運命を左右するでしょう。世界最多の被写体検出がどのようなものか、様々なターゲットで検証してみました。
もちろん、完璧ではありませんが、自分の仕事での撮影はかなり楽になりました。

メカニカルシャッターレス

メカニカルシャッターを廃したのは勇気ある英断だったと思います。完全電子化することによって、耐久性が向上し、ほぼ無音の撮影が可能となりました。ミラーレスなのでミラーブレはありませんが、シャッターもないのでシャッターブレもありません。
一方で、今までの電子シャッターで問題となっていたローリングシャッター歪はどのように克服しているのでしょうか。高速で動くものを撮影しても問題はないのか。高速で動く被写体は専門ではありませんが、身近な状況で検証してみました。

プリキャプチャー

2022年4月20日公開予定のファームウェアVer.2.00からシャッターを押す1秒前から記録するプリキャプチャー機能が搭載されます。ハイスピードフレームキャプチャモード時だけですが、瞬間を捉えるシーンでは鬼に金棒となるかもしれません。楽しみです。

メディア

夏になってHOT CARD警告に悩まされる。

レンズとの相性

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

発売と同時に一番人気の標準ズームです。あまりの人気で、発売後すぐに予約した人以外は数ヵ月待ちの状態になってしまったほどです。広角24mmから望遠120mmまでの5倍ズームです。昔は画質を維持したズームは3倍までと言われていましたが、このレンズは特殊な硝材や非球面レンズを惜しみなく使用して、5倍ズームの利便性と高画質を両立したレンズです。その割に価格は抑えられているので人気が出るのもうなづけます。
自分はマクロ性能に期待して購入しました。

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC14E-III+FTZ II

今まで一眼レフに超望遠レンズを付けて撮影していた人も多いと思います。Z9に移行しても問題ないのか、不安に感じている人も多いでしょう。自分もそうでした。
今回、Fマウントの500mmF4とZ9の組み合わせを検証してみました。

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

800mmなのに 2385g !、VR5段で手持ち撮影ができるという、夢のようなレンズが登場しました。Z9と組み合わせるとシンクロVRで5.5段の手振れ補正になります。素晴らしい。

露出

Z9に限ったことではありませんが、EVFでは撮影前に露出の過不足がわかるので、露出の失敗が劇的に少なくなりました。ハイライト重点測光も一眼レフ時代の挙動とはずいぶん異なる印象です。

画素数

歴代のFマウントのフラグシップと比較するとZ9は高画素機になっています。個人的には仕事柄DXフォーマットをメインに使っているので、FXでのここまでの高画素は必要ないと思っていましたが、大きなメリットがありました。

高感度耐性

一眼レフのD5やD6を使っていた人からするとZ9のISO 25600は不足でしょうか。一眼レフの最高感度まで普通に使っていたカメラマンには不足かもしれませんが、一般にはおそらく25600は十分な感度と思います。高感度ノイズの処理も昔よりも良くなっていて、解像感を残す処理で好感が持てます。

ボディ内手振れ補正

Z9はボディ内手ブレ補正を搭載しています。手ブレ補正がないレンズでも手ブレせずに撮影できます。レンズ内手ブレ補正機構が搭載されたレンズでは相互作用で効きが増すと言われています。

バッテリー

一眼レフユーザーのことを考えて、一眼レフフラグシップ機と共通して使えます。ミラーレスは消費電力が多いと思っていましたが、ミラーの駆動やシャッターの駆動がない分、思いのほかバッテリーの持ちは良いと思いました。付属の新型バッテリーで公称750枚と言われていますが、実使用では3千枚以上撮って残量は半分位でした。公称値よりもかなり持つ印象です。

L型ブラケット・L型プレート

仕事柄ストロボのブラケットを取り付けたり、様々ものを取り付けるので、アルカスイス互換のプレートは必須です。Smallrig社からすばらしいL型プレートが発売されています。アルカスイス互換に統一している人にはおすすめです。

オールドレンズ遊び

大口径、ショートフランジバックのZマウントの恩恵で、オールドレンズとの相性は抜群です。古いレンズでも最新の手ブレ補正を利かした撮影ができます。

問題

良いことばかりではありません。

野鳥撮影

サンプル画像

カメラ関連
Nikon Z 9 ボディ

野鳥撮影にも最強のパフォーマンスを発揮するミラーレスフラグシップです。被写体検出機能で野鳥も認識して目にフォーカスを合わせてくれます。本格的に野鳥撮影をする方にはおすすめです。
FTZ-IIを介して今までのFマウントの超望遠レンズも問題なく使えます。ZマウントのNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sとの組み合わせは5.5段のVRが効き、800mm(DXで1200mm)ながら手持ち撮影が可能になります。


Nikon FTZ II

予備バッテリーEN-EL18d

予備バッテリー室カバー

L型ブラケット

液晶保護ガラス
メディア

静止画メイン推奨
165GB

大容量
325GB

動画プロ向け
650GB
標準ズーム

24-120mm f/4 S
イチオシ標準ズーム

24-50mm f/4-6.3

24-70mm F/2.8 S

Z 24-70mm f/4 S

28-75mm f/2.8
単焦点レンズ

NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

NIKKOR Z 24mm f/1.8S

NIKKOR Z 50mm f/1.2S

NIKKOR Z 85mm f/1.8S

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Zマウント)
NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

位相フレネルレンズ採用の小型軽量の800mm単焦点レンズです。全長385mm、重量約2385gで、800mmの超望遠レンズとしては驚異的な軽さです。5段分(Z9との組み合わせでは5.5段)のVRにより、手持ち撮影が可能です。DXフォーマットで使用すると1200mmF6.3相当となります。野鳥撮影に威力を発揮します。
1.4倍、2倍のテレコンを使用しても画質の劣化が少なく、FXで1120mmF9、1600mmF13、DXで1680mmF9相当、2400mmF13相当となります。
Zマウント純正テレコンバーター

Nikon Z TELECONVERTER TC-1.4X

Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0X
野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Fマウント)

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
野鳥ボディ野鳥撮影動画Nikon Z9
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました