Nikon Z9:付属充電器(MH-33)の不具合

Z9到着した日に、付属の充電池(EN-EL18d)を付属の充電器(MH-33とEH-7P)で充電をはじめました。50%、80%、100%と徐々に表示が変わりましたが、4時間経っても100%の表示が点滅から点灯に移行しません。マニュアルには、フル充電で約4時間かかると書かれています。そのまま6時間まで待ちましたが一向に点滅から点灯に移行しないので、過充電でになる可能性を考慮して取り外しました。

ボディに入れると100%になっているので、充電はされているようです。しかし、充電器での充電が止まらないのは気持ちが悪いものです。

スポンサーリンク

予備の EN-EL18d

配達が遅れたもう一つの充電池もボディ付属の充電器で充電をはじめましたが、こちらも4時間経過してもインジケーターが100%の点滅のままです。一晩様子を見ようと思い、朝までそのままにしてみましたが、100%が点滅した充電中のサインのままです。充電開始から12時間経過しています。
同じ充電器で2つの充電池が同じ反応なので、充電器の不具合が考えられます。

ニコンに問い合わせ

ニコンサポートにメールで問い合わせたところ、接点をクリーニングして(新品なのですが)、電源タップを使用しないで壁のコンセントに直接つないてテストしてみて欲しいと連絡をいただきました。未使用ですから、当然接点は汚れていませんが、念のため清掃して、充電器に何度か抜き差しして、壁のコンセントにつないで指示された通り実行してみました。
結果同じです。何時間置いても100%のインジケーターが点滅のままで、点灯になりません。

その旨再度連絡しましたところ、以下の回答をいただきました。

ご所有のバッテリー2個で発生すること、および、当窓口では正常に動作すること、当窓口へは他に同様のご連絡がないことから、ご所有の充電器を拝見いたしたく存じますので、ご購入直後で大変申し訳ございませんが、症状について詳細に 記入したメモを添付のうえ、弊社サービス機関へMH-33とEH-7Pの点検をご依頼くださいますようお願いいたします。

これはしばらくわが家で充電できなくなるということなので、充電器の代替品がないかニコンサービスに再度確認中です。もう実践投入しているので、代替品の貸し出しなどがない限り充電器を送るわけには行きません。

Z9付属の充電器に同様な症状の方はいらっしゃいませんでしょうか。
100%のインジケーターが点滅のままというのはどういう状態なのか分かりませんが、充電し続けているのでしたら過充電になる可能性もあります。単にインジケーターの故障で、充電は終わって表示が点灯に変わらないだけなら良いのですが。

同様な症状がある方はニコンのサポートに問い合わせてみてください。他からの同様な問い合わせがないとなかなか検証が難しいようです。自分の充電器だけの問題なのか、同じロットで同様な症状がでているのかわかりません。同じロットで同様な症状が出ることが分かればリコールの対象だと思います。
問い合わせ先を貼っておきます。

貸し出しサービスなどがない場合は、そのまま使っても問題ないのかどうか、問い合わせています。

2021年大晦日~2022年元旦

大晦日の夕方から充電をはじめました。前回と同様、4時間ほど経過しても100%のインディケーターが点灯にかわりません。そのまま朝まで続けてみましたが、今度は全てのインディケーターが高速で点滅するモードになっていました。マニュアルによるとバッテリーのセットミスもしくは利用可能な温度の範囲外での使用となっています。50%から100%の点滅まで充電されたのでセットミスではありませんし、室温26℃で0~40℃の範囲内です。

このまま使用するのも危険かもしれないので、これは初期不良ではないかと再度Nikonに打診しました。年末年始の休みのようで、2022年1月4日現在、まだ回答はありません。

回答(2022年1月6日)

Nikon Supportさんから回答をいただきました。

EH-7PとMH-33のどちらに要因があるかの切り分けのため、EH-7Pをカメラに接続して充電が可能か確認して欲しいという内容でした。その結果、Z9で充電できなければEH-7PとMH-33の両方を、充電可能だった場合は MH-33 の点検が必要とのことです。
また、その間の代替品の貸し出しもできないとのことです。

EH-7Pを直接Z9にさした場合は何も問題なくオレンジ色の点灯で充電がはじまり、充電完了で消灯します。明らかにMH-33の不具合です。

結局点検とか修理になると長期間使えなくなるのでそれはできません。MH-33 をもう一台買えば済む話ですが、そもそもどこも在庫がなくて買おうにも買えません。量販店では2022年12月に入荷などと書かれています。
もうZ9は実践投入してしまったので、これは困った。

再度、「これは初期不良と思うので、MH-33を交換して欲しい」と返信しました。使い方が悪いわけではなく、普通にコンセントにさして動作がおかしいのですから、時間をかけて点検修理などという話ではなく、初期不良として早急に交換してくれないと仕事に使えません。Nikonnさんお願いします。

2022年1月6日追記

このページを読まれた方から全く同じ症状が出る旨の連絡をいただきました。その方もサポートに連絡したところ、やはり調査するから充電器と電池を送るように指示されたそうです。代替品もなく、電池も充電器も手に入らない状況のなかで、「はい、そうですか」と送れるはずもありません。

これで同じ不具合の発生が少なくとも自分を含めて2件確認できました。

2022年1月12日

サポートから、担当部署へ調査を依頼しているので、しばらくお待ちください、との連絡をいただきました。

MH-33の充電について心配ならカメラ本体で充電するように書かれていましたが、カメラ本体は充電しながらは使えず、仕事では一つ目のバッテリーが切れたらすぐに充電器で充電しながらもう一つのバッテリーで撮影をするというローテーションを繰り返えします。そのため、現場では本体での充電はできません。

「ご心配でしたら」と書いてあるので、そのまま使っていてもさしたる危険はないということでしょうか。100%の点滅が止まらず、さらに充電を続けると全インジケーターが高速で点滅を繰り返す表示は、何か危険を知らせる警告のような表示なのであまり気持ちが良いものではありません。それもサポートに伝えてあるのですが、「直ちに使用をやめてください」ではなく、「ご心配でしたら~」といった表現だったので、そのまま使っています。表示は異常ですが、充電はされているようです。でも気持ちが悪いものです。

2022年1月14日

ニコンサポートからMH-33のシリアル番号の問い合わせメールが来ました。直ちに返信しました。ロットによる検証を行っているのでしょうか。

同様な症状でサポートに問い合わせるときはシリアル番号を付記した方が手間が省けるかもしれません。MH-33のシリアル番号は、本体裏の右下に書かれています。

著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、出世するのが嫌で退職。現在は大学非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
カメラ・写真撮影機材野鳥撮影動画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました