NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S レビュー(総論)

スポンサーリンク

究極の超望遠レンズ

https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_800mm_f63_vr_s/

2021年12月14日に開発発表されてから話題沸騰のNikonの超望遠レンズです。位相フレネルレンズを採用し、小型で超軽量な800mmです。野鳥、航空機、電車、スポーツなど望遠レンズが多用されるシチュエーションで多大なる威力を発揮することが期待されています。
位相フレネルレンズのフレアやコントラストの低下は克服できているのか、F6.3に抑えられていることのメリットデメリット、5段(Z9との組み合わせでは5.5段)分の手振れ補正は本当か、など、気になることが満載です。すべて噂のスペック通りだとすると、800mmを手持ち撮影できる夢のようなレンズになります。

購入の経緯や使用感などのレポートをしてみたいと思います。自分は野鳥撮影の目線での評価しかできませんが、検討されている方の参考になれば幸いです。

開発発表から予約

画期的なレンズとして発表直後から注目を集めたレンズでしたので、清水の舞台から飛び降りる覚悟で頑張って予約しました。

初見

何とか無事に入手でき、ご対面です。

重量

800mmF5.6の約半分、500mmF4+テレコン+アダプタよりも1kg以上軽い800mmです。

手振れ補正

夢の800mm手持ち撮影は本当に可能か。

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S 実写レビュー(VR:手ブレ補正編)
どんなに高解像度でも、軽量でも、手振れ補正が機能しないと手持ちで使うことができません。手ブレ補正機能がないころから、撮影するときのシャッター速度は一般的に「1/焦点距離」秒以上の高速シャッターが必要であると言われてきました。300mmのレ...
Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S によるサンプル画像(天体)
月面VRのテストを兼ねてすべて手持ちで月面を撮影してみました。1/800 sから5段分の1/25 sまでの結果です。全体と中央1280x1280の領域拡大です。下にEXIFデータも記載しておきます。1/800 s...
NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S 実写レビュー(VRモード編)
800mmF6.3のVRはかなり強力です。公称5.5段は伊達ではなく、ファインダー像もビタッと安定します。意識して構えて慎重に撮れば、歩留まりは悪いながら1/20 sでも撮影可能です。野鳥の世界では被写体ブレがあるので現実的には1...
Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S:強力な手ブレ補正と被写体ブレ
Nikon Z9と800mmF6.3の組み合わせでは、公称5.5段の手ブレ補正効果があるとされています。実際テスト撮影をしてみると、FXフォーマットで1/800sを基準として1/20s程度まで、DXフォーマットでは35mm判換算で1200...
Nikon Z50+NIKKOR Z800mm F6.3 VR S レビュー:女性でも扱えるか
軽いと評判のNIKKOR Z800mmですが、Nikonの公式サイトの写真のように女性が軽々と手持ちで扱えるレンズなのでしょうか。発売と同時に購入して4ヵ月ほど使用した家内のレビュー動画を作ってみました。決して軽いとは言いませんが、本当に女性でもフィールドで手持ちで扱える画期的なレンズでした。

解像度

解像度、コントラストを示すMTF曲線が驚異的に天井に張り付いています。素晴らしい光学性能を示すはずです。実際の画像で確認してみましょう。

フレア・コントラスト

位相フレネルレンズに不信感を持っている人も多いようです。確かに今までは逆光気味のシチュエーションなどではフレアに悩まされたりコントラストが低下することもありました。かなり改良が進められているようですが、はたして本レンズはどうでしょうか。

動体撮影

Z9との組み合わせで動体撮影を試みました。

テレコンバーター

4ヵ月かかってようやく2倍テレコンが届きました。元の素性が良いので、限界にチャレンジしてみたくなってしまいました。テレコンバーターは賛否両論ありますが、Zマウントの新しい世代の単焦点レンズとテレコンバーターは今までのテレコンの悪いイメージを払拭してくれるかもしれません。

レンズフット

純正のレンズフットは持ちやすく作られていますが、アルカスイス互換ではないので、様々な器具を取り付ける際に何かと不便です。自分は上に向けて照準器を付けていますが、位置の再現性のため、アルカスイス互換のプレートとクランプが必要です。サードパーティ製のものもまだ販売されていないようです。販売開始されたら検討します。

未作成

リュック

私は今まで500mmF4を入れていたリュック(VANGUARD ALTA SKY 66)があります。800mmの方が小さいので余裕で入ります。
家内も同じレンズを買ったので、家内用のリュックを新調する必要がありました。色々と検討して最適なリュックを購入しました。aosta Sanctuary III RK650です。黒のカモフラージュがなかなかカッコいい。

手持ち撮影のための装着

野鳥撮影は手持ち撮影でないと撮れない鳥が多く、個人的に三脚は使いません。レンズとカメラをぶら下げてフィールドを練り歩き、野鳥を見つけては撮影するスタイルです。どこにどうぶら下げるかが使い勝手と安全面で大変重要です。私達が実践している方法を紹介させていただきます。

未作成

野鳥撮影

サンプル画像

ビデオレビュー

女性でも使えるのでしょうか。
はい。十分使えます。
Z50との組み合わせで家内が4ヵ月使ったので、使用レビューを動画で作ってみました。


カメラ関連
Nikon Z 9 ボディ

野鳥撮影にも最強のパフォーマンスを発揮するミラーレスフラグシップです。被写体検出機能で野鳥も認識して目にフォーカスを合わせてくれます。本格的に野鳥撮影をする方にはおすすめです。
FTZ-IIを介して今までのFマウントの超望遠レンズも問題なく使えます。ZマウントのNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sとの組み合わせは5.5段のVRが効き、800mm(DXで1200mm)ながら手持ち撮影が可能になります。


Nikon FTZ II

予備バッテリーEN-EL18d

予備バッテリー室カバー

L型ブラケット

液晶保護ガラス
メディア

最速650GB
動画メインの人にはおすすめ

最速325GB

128GB

256GB

128GB
標準ズーム

24-120mm f/4 S
イチオシ標準ズーム

24-50mm f/4-6.3

24-70mm F/2.8 S

Z 24-70mm f/4 S

28-75mm f/2.8
単焦点レンズ

NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

NIKKOR Z 24mm f/1.8S

NIKKOR Z 50mm f/1.2S

NIKKOR Z 85mm f/1.8S

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Zマウント)
NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

位相フレネルレンズ採用の小型軽量の800mm単焦点レンズです。全長385mm、重量約2385gで、800mmの超望遠レンズとしては驚異的な軽さです。5段分(Z9との組み合わせでは5.5段)のVRにより、手持ち撮影が可能です。DXフォーマットで使用すると1200mmF6.3相当となります。野鳥撮影に威力を発揮します。
1.4倍、2倍のテレコンを使用しても画質の劣化が少なく、FXで1120mmF9、1600mmF13、DXで1680mmF9相当、2400mmF13相当となります。
Zマウント純正テレコンバーター

Nikon Z TELECONVERTER TC-1.4X

Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0X
野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Fマウント)

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました