Nikon Z9:ファームウェア Ver. 3.00:総論

2022年10月26日、Z9のファームウェア Ver. 3.00がリリースされました。Ver. 2.11からVer. 3.00なので、メジャーアップデートです。大幅な機能追加やアルゴリズムの変更、バグフィックスなどが行われているはずです。2021年12月に発売されてから10ヵ月。様々な問題点や不満点などを検討してのバージョンアップなのでしょう。ハードウェア的にはまだまだかなり余裕があったということのようです。
機能追加もたくさん盛り込まれていますが、自分の仕事に関係しそうな機能のみ検証してみたいと思います。
あくまで個人的見解ですので、ご参考までに。

スポンサーリンク

機材

  • ボディ:Nikon Z9(Ver. 3.00)
  • レンズ:NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

静止画

AF:被写体検出:動物

ファームウェア Ver. 3.00で、おそらく多くのユーザーが期待していたのがAFの進化だと思います。発売当初から被写体検出機能は優れていましたが、何かをきっかけに一度被写体をロストすると急に背景に貼りついてしまうという欠点がありました。一度貼りついてしまうと近距離の被写体に戻ってくることはなく、マニュアルで戻さないと再検出してくれないという結構致命的な欠点です。

ファームウェアの変更内容の「その他」欄に控えめに次のように書いてあります。

  •  オートフォーカスのピント精度を向上しました。
  •  オートフォーカスの低輝度性能を向上しました。(低輝度限界を 0.5EV 向上)
  •  [3D-トラッキング]使用時に被写体の手前を横切る障害物に対してのピント乗り移りを低減しました。
  •  [3D-トラッキング]使用時に[AF時の被写体検出設定]を[動物]に設定した際の性能を改善しました。
  •  [ワイドエリア AF(S / L / C1 / C2)]、[3D-トラッキング]、[オートエリアAF]に設定して被写体を検出しているときに、ピントが背景に張り付いてしまうことがある現象を改善しました。

ポイントは最後の「ピントが背景に張り付いてしまうことがある現象を改善」の部分です。まさにここがZ9の不満点だったので、改善が期待されます。まずはテストです。
完ぺきではありませんが、不満点は概ね解消されているようです。

Nikon Z9:ファームウェア Ver. 3.00(静体撮影)
2022年10月26日、Z9のファームウェアのメジャーバージョンアップが公開されました。早速インストールしてテストしてきました。ファインダーログ様々な機能追加がありますが、詳しくはNikonのウェブサイトを参照くだ...
Nikon Z9:ファームウェア Ver. 3.00(動体撮影-01)
Nikonの公式サイトにはVer. 3.00のAFに関するものとして以下の項目が記されています。オートフォーカスのピント精度を向上しました。オートフォーカスの低輝度性能を向上しました。(低輝度限界を 0.5EV 向上)使...
Nikon Z9:ファームウェア Ver. 3.00(動体撮影-02)
開けた場所での動体撮影テストを行いました。動体撮影-01で背景がない動体撮影は問題なさそうなことが分かりましたが、背景がある動体撮影はどの程度進化したのでしょうか。今までのZ9の弱点はそこです。テスト撮影カワセミが...
Nikon Z9:ファームウェア Ver. 3.00(被写体検出:動物)
フィールドではZ9を使って野鳥撮影をしている人にあまり出会わないのですが、かなり野鳥撮影に適したカメラだと感じています。特にファームウェアがVer. 3.00になってからは被写体検出(動物)の精度が格段に向上し、一度目を検出したら...

連写

Z9はフラグシップらしく素晴らしい連写性能を誇りますが、ハイスピードフレームキャプチャの設定は秒間30コマのC30と秒間120コマのC120しかありませんでした。双方とも制約が多い上、30コマは通常の高速連写より少し速い程度、120コマはやり過ぎ感が高く、意外と使いにくいスペックでした。そこへ秒間60コマのC60が追加されました。DXフォーマットで使えるのでうれしい機能追加です。

動画

ハイレゾズーム

動画はそれほど多用するわけではありませんが、この機能は面白いと思いました。内容的にはデジタルズームなのですが、CCD上のクロップエリアを連続無段階に小さくすることで、画素数を落とさずに2倍までのズームが行える機能です。デジタルズームと言うとあまりイメージがよくなく、簡易的なもののように思われるかもしれませんが、あたかも光学ズームのように連続無段階でズーミングしているように見せるには、高度な補間処理が必要で、リアルタイムので処理するハードウェアと高速補間処理のアルゴリズムが必要です。これは使えそうな機能です。

Z9用ファームウェア Ver. 3.00



カメラ関連

Nikon Z 9 ボディ

野鳥撮影にも最強のパフォーマンスを発揮するミラーレスフラグシップです。被写体検出機能で野鳥も認識して目にフォーカスを合わせてくれます。本格的に野鳥撮影をする方にはおすすめです。
FTZ-IIを介して今までのFマウントの超望遠レンズも問題なく使えます。ZマウントのNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sとの組み合わせは5.5段のVRが効き、800mm(DXで1200mm)ながら手持ち撮影が可能になります。



Nikon FTZ II


予備バッテリーEN-EL18d


予備バッテリー室カバー


L型ブラケット


液晶保護ガラス

メディア



静止画メイン推奨
165GB


大容量
325GB


動画メイン大容量
650GB


LEXARのCFexpress type B
128GB


動画メインのプロの方向けNikon純正
660GB

標準ズーム



24-120mm f/4 S
イチオシ標準ズーム


24-50mm f/4-6.3


24-70mm F/2.8 S


Z 24-70mm f/4 S


28-75mm f/2.8

単焦点レンズ



NIKKOR Z 20mm f/1.8 S


NIKKOR Z 24mm f/1.8S


NIKKOR Z 50mm f/1.2S


NIKKOR Z 85mm f/1.8S


NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Zマウント)

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

位相フレネルレンズ採用の小型軽量の800mm単焦点レンズです。全長385mm、重量約2385gで、800mmの超望遠レンズとしては驚異的な軽さです。5段分(Z9との組み合わせでは5.5段)のVRにより、手持ち撮影が可能です。DXフォーマットで使用すると1200mmF6.3相当となります。野鳥撮影に威力を発揮します。
1.4倍、2倍のテレコンを使用しても画質の劣化が少なく、FXで1120mmF9、1600mmF13、DXで1680mmF9相当、2400mmF13相当となります。

Zマウント純正テレコンバーター



Nikon Z TELECONVERTER TC-1.4X


Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0X

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Fマウント)



AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR


NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR


マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
Nikon Z9NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました