Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S 動体撮影

Z9を入手するまではD500+500mmF4FLにTC14E-IIIをつけて飛翔写真などを撮影していました。Z9が来てからはFTZ-IIを挟んで同じレンズセットで使用していました。Z9に替えて劇的に良くなったかというと、そういう印象はなく、条件にもよるので単純な比較はできませんが、多くのシーンではD500の方が歩留まりは高かったのではないかと思います(Z9のバージョン1.10)。Z9には動物検出があるので、検出されたときの食いつきは良くなりますが、飛んでいる鳥はあまり認識率がよくないようです。飛行中の鳥は様々な形に見え、頭部の検出、さらにそこから目を検出するのはかなり難しいのでしょう。

スポンサーリンク

サンプル画像

自分が下手クソなだけかもしれませんが、どんなにファインダーが良く出来ていても、ブラックアウトフリーでも、1200mm相当で波状飛行する野鳥を追尾するのはかなり大変です。まだまだ修行が必要です。

高速で不規則に飛ぶイワツバメも背景が空であれば合焦します。
カワラヒワ
鳥として認識しているのではなく、おそらく至近物体として認識しただけだと思います。おしりに合ってしまっています。鳥として認識して頭部や目を検出してくれるようになればパーフェクトです。
イワツバメ:飛びながら尾脂腺をいじるのですね。

総評

やはりまだまだ背景に引きずられてしまうのは否めません。空バックであれば結構合いますが、森や林が背景の場合はかなりの確率で背景に抜けてしまいます。

まだまだ改善の余地がありそうです。今後のバージョンアップに期待します。


カメラ関連

Nikon Z 9 ボディ

野鳥撮影にも最強のパフォーマンスを発揮するミラーレスフラグシップです。被写体検出機能で野鳥も認識して目にフォーカスを合わせてくれます。本格的に野鳥撮影をする方にはおすすめです。
FTZ-IIを介して今までのFマウントの超望遠レンズも問題なく使えます。ZマウントのNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sとの組み合わせは5.5段のVRが効き、800mm(DXで1200mm)ながら手持ち撮影が可能になります。



Nikon FTZ II


予備バッテリーEN-EL18d


予備バッテリー室カバー


L型ブラケット


液晶保護ガラス

メディア



最速650GB
動画メインの人にはおすすめ


最速325GB


128GB


256GB


128GB

標準ズーム



24-120mm f/4 S
イチオシ標準ズーム


24-50mm f/4-6.3


24-70mm F/2.8 S


Z 24-70mm f/4 S


28-75mm f/2.8

単焦点レンズ



NIKKOR Z 20mm f/1.8 S


NIKKOR Z 24mm f/1.8S


NIKKOR Z 50mm f/1.2S


NIKKOR Z 85mm f/1.8S


NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Zマウント)

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

位相フレネルレンズ採用の小型軽量の800mm単焦点レンズです。全長385mm、重量約2385gで、800mmの超望遠レンズとしては驚異的な軽さです。5段分(Z9との組み合わせでは5.5段)のVRにより、手持ち撮影が可能です。DXフォーマットで使用すると1200mmF6.3相当となります。野鳥撮影に威力を発揮します。
1.4倍、2倍のテレコンを使用しても画質の劣化が少なく、FXで1120mmF9、1600mmF13、DXで1680mmF9相当、2400mmF13相当となります。

Zマウント純正テレコンバーター



Nikon Z TELECONVERTER TC-1.4X


Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0X

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Fマウント)



AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR


NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR


マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
カメラ・写真撮影機材野鳥撮影
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました