Nikon Z9:ファームウェアVer.2.00

2020年4月20日。Nikon Z9のファームウェアがバージョン2.00にアップされました。様々な機能の更新がなされているようですが、特に自分の使用状況に関連する機能を検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

プリキャプチャ

今回のファームアップで一番うれしい機能だと思います。

AF性能の強化

まだ未検証

ファインダーの高フレームレート(120fps)表示

まだ未検証

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S対応

2022年4月22日発売予定のNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sに対応しています。
NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sに対応するためのファームアップが、Nikon Z 9、Z 7II、Z 6IIに対してだけだったので、Z50などでは使えないのか心配になり、サポートに問い合わせたところ、「メモリーリコール機能」に対応しているカメラのみファームアップが必要とのことです。カメラ側にそもそも「メモリーリコール機能」がない場合はそのまま(最新のファームウェアが推奨されますが) NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S を使用することができるそうです。


カメラ関連
Nikon Z 9 ボディ
(実勢価格628,650~698,500円)
Nikon FTZ II 予備バッテリーEN-EL18d 予備バッテリー室カバー L型ブラケット 液晶保護ガラス
メディア

最速325GB
動画メインの人にはイチオシ

128GB

256GB

128GB
標準ズーム

24-120mm f/4 S
イチオシ標準ズーム

24-50mm f/4-6.3

24-70mm F/2.8 S

Z 24-70mm f/4 S

28-75mm f/2.8
単焦点レンズ
NIKKOR Z 20mm f/1.8 S NIKKOR Z 24mm f/1.8S NIKKOR Z 50mm f/1.2S NIKKOR Z 85mm f/1.8S NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Zマウント)
NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

位相フレネルレンズ採用の小型軽量の800mm単焦点レンズです。全長385mm、重量約2385gで、800mmの超望遠レンズとしては驚異的な軽さです。5段分(Z9との組み合わせでは5.5段)のVRにより、手持ち撮影が可能です。DXフォーマットで使用すると1200mmF6.3相当となります。野鳥撮影に威力を発揮します。
1.4倍、2倍のテレコンを使用しても画質の劣化が少なく、FXで1120mmF9、1600mmF13、DXで1680mmF9相当、2400mmF13相当となります。
Zマウント純正テレコンバーター

Nikon Z TELECONVERTER TC-1.4X

Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0X
野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Fマウント)
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
野鳥撮影Nikon Z9
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました