時計の修理

時計にはそれほどこだわりを持っているわけではありませんが、気に入ったものは一生使うつもりで大事にしています。時間にはうるさいので、遅れる時計は許せません。自動巻きの機械式時計も持ってはいますが、普段使うのはクォーツ時計です。

以前、電池交換で傷つけられたことがあり、それ以来街の電気店や量販店などの時計コーナーは信用していません。中にはプロフェッショナルな技術者の方もいるのでしょうが、素人とほとんど変わりない人も見受けられます。ちょこっと研修を受けただけのようで、大切な時計を預けるのが不安になります。

スポンサーリンク

電池交換

舶来時計でも数万円の安いものしか買いません。国産の良い時計のほうがよほど高価ですが、SWISS MADEと書いてあるだけで電池交換費用が数倍に跳ね上がるのは納得できません。保険の関係とか、大人の事情があるのでしょうか。

クォーツ時計は電池駆動なので、数年に1回は電池交換が必要になります。気に入る時計がなぜか舶来品が多く、電池交換の値段が高いのです。「電池交換:国産腕時計500円、外国製3500円」などと書いてあります。どうせ中に入っているムーブメントに大して変わりはないと思いますし、以前傷つけられた経験から、電池交換は自分でするようになりました。器具さえ揃えれば特に難しいことはなく、簡単に交換できます。器具も数千円で揃います。
電池自体は1つ200-300円ですから、数回交換すると十分元が取れます。

耐久性を考えて、基本的に防水時計しか買わないので、裏蓋はスクリューバック式です。 スクリューバック 式の場合は時計に合わせて専用器具を調整して裏蓋を回しますが、無神経な人が扱うと力をかけた時に爪が外れて裏蓋に傷がつくのです。自分でやれば自己責任ですが、注意深く扱えばそんな事故は起きません。

家内の時計も電池交換は自分で行っていますが、こちらははめ込み式が多く、どちらかと言うとこちらの方が緊張します。こじ開け器でこじ開けるのですが、女性ものは色々と装飾がついているので、傷つけないようにしないと取り返しがつかなくなります。まあ、その場合も他人に任せるよりも自分でやった方が安心です。手先はかなり器用な方です。
ガサツな人や不器用な人にはおすすめしません。時計店に持って行くことをおすすめします。

信用できる時計修理店

電池交換以外で素人がなかなか手を出せない時計修理が必要になることもあります。時計修理店は本当にピンからキリまであります。前述のようにクォーツ時計の電池交換さえきちんとできない素人同然のところもある一方、機械式時計の分解掃除や調整なども行える本当のプロが常駐しているお店もあります。時計修理担当の方々は、大抵は白衣のようなものを着ているので、その人の力量が外観から判断できないところが問題です。
いろいろあたって、こっちも経験して判断するしかありません。

三つ折の中央ピン破断

私の使い方が悪いのか、バンドの三つ折れの中央ピンが過去に2回折れたことがあります。バンド修理の中で、この部分のみ修理できないと言われるお店が多いのです。何軒か断られたあと、ネットで調べたら三つ折れの中央のピンの修理だけはやらない、というところが多く、ここが修理困難箇所であることをはじめて知りました。

しかし、気に入っている時計だったので、修理可能なお店を探し続けたところ、ようやく見つけました。町田の東急ハンズに入っている「時計の病院」です。恐る恐る持って行ったら、ぱっと見てすぐに「治せますよー」と言われました。神です。今まで断られ続けたのは何だったのでしょう。
しかも預けて、15分くらいで完了です。完璧に治っていました。
数年後、同じ個所が壊れた別の時計もここで治してもらいました。まったく同じように簡単に治していただきました。

他では断られたり、ここが壊れたらバンド交感しかない、と、バンドの交換をすすめる修理店もあります。こういうところは純粋に技術力の差を感じます。

ピン抜き

バンドの調整も様々なピンが使われているので、素人が簡単に調整できるものと、そうでないものがあります。デザインが凝っているものは特殊なものが多いので、素人が手を出すと痛い目をみることもあります。特に凝ったデザインのものやブレスレット風のバンドなどのピンには特殊なものもあります。よく見極めてから作業しましょう。

家内に買った時計が調整範囲で最小にしてもまだベルトが余り、いつも文字盤が下を向いてしまう状態でした。ブレスレットタイプなので、あまりぴったりするのもおかしいのですが、抜け落ちてしまうくらいあまりにもユルユルです。そのため、本来取るべきでないリングを一つ取ることにしました。ピンを1本抜いて、リングを1つ切断すればリング一つ分短くできます。

ところが、そのピンが抜けないのです。バネ棒でもなく、割りピンでもなく、ネジでもなく、Cリングでもありません。多分、微妙にテーパーのある棒を叩きこんであるのでしょう。しかしもう老眼で、どちらから見ても同じ径に見えます。下手に逆向きに叩くとさらに取れなくなりそうだったので、唯一信頼している時計の病院に頼みに行きました。

神対応

事情を説明して、このピンを抜きたいのだけど、抜けますか、と聞いたら即答で「大丈夫です」と言われてほっとしました。時計の病院では拡大鏡でピンの径を入念に調べ、方向を見極めて一発でピンを抜いてくれました。さすがプロです。
そしてきちんとどっち向きが正しい方向か丁寧に説明してくれました。

「お代は」と聞くと、「ピン抜いただけですから結構です」と言われ、料金を取ってくれないのです。いやいやこれはれっきとした高度な技術なのですから料金を取ってくださいと食い下がったのですが、無料ですと言われてしまいました。仕方ありません。
そこは修理専門なので時計は売っていません。したがって、この時計はこのお店とはまったく関係ないのです。まさに神対応です。お言葉に甘えて今回は無料で処理していただきましたが、何か恩返しがしたくて、今回のいきさつをここに記すことにしました。

矢印(青)のピンを抜いてもらい、矢印(赤)のリングは自分で切断して、リング一つ分短く加工しました。これでぴったりです。矢印(赤)のリングは思ったより硬く、一般的なペンチなどでは切断できません。わが家にはダブルアクションのワイヤーロープカッターがあるので、難なく切断できましたが、工具がないとかなり大変な作業になっていたと思います。めでたしめでたし。

時計の病院

自分が知っているのは町田東急ハンズ内にある「時計の病院」さんです。他で断られた時計修理も相談に応じていただけると思います。
隅の方にあって小さく目立たないコーナーですが、一級技能士(国家資格)を取得した方が常駐しているので、技術はぴか一です。

もちろん、電池交換から、バンドの調整・交換・修理、分解掃除、調整、傷、ガラスの破損まで対応してくれます。もうダメかとあきらめていた破損も、一度相談してみる価値はあると思います。もちろん治せないものや治すには相当費用がかかるものもありますが、きちんと事前見積もりもしてくれるので安心です。
腕時計だけではなく、置時計や掛け時計の修理もしてくれます。

時計はプレゼントでもらったり、自分で買ったにしても思い入れがある気に入ったものを使っている人が多いでしょう。そういった時計は壊れても何とか治して使い続けたいと思うことでしょう。そんな方々におすすめできるお店です。

著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、出世するのが嫌で退職。現在は大学非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
芸術文房具家電異国の文化収集その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました