アメリカのコイン:ダラー硬貨

アメリカに行ってまず驚いたのは、何でも大きいことです。カボチャ、スイカ、ナスなどの野菜やくだものにもびっくりしましたし、道路も広いし、車もデカい。牛乳やオレンジジュースのパックも持てないほど大きいし、お菓子やケーキまで何でもビッグサイズです。当然人間も小学生には巨人に見えました。

スポンサーリンク

ダラーコイン

ハーフダラーコインにも驚きましたが、ダラーコインにはより衝撃を受けました。「デカすぎるだろ」が第一印象です。
通貨として存在はしていますが、実際のアメリカでの生活ではハーフダラーコインもダラーコインも日常的な買い物で使うことはありません。と言うことは、裏を返せば大変レアな硬貨であり、コインコレクターからするとコレクションの対象となるものです。しかし、現行のコインは一応通貨なので、銀行などで1ドル札と等価交換してくれます。

ダラーコインの歴史は古く、1794年から200年以上作り続けられています。初期の頃は銀貨(シルバーダラー)ですが、現在は銅とニッケルなどの合金で作られています。様々なデザインの変遷があり、収集欲をかき立てます。中でもモーガン・ダラー銀貨やピース・ダラー銀貨は人気が高く、年号やミントマーク(製造所のマーク)によって1枚数十万円で取引されるものもあるようです。

モーガン・ダラー

1884年製のモーガン・ダラーです。

ピース・ダラー

1923年製のピース・ダラーです。

アイゼンハワー・ダラー

モーガン・ダラーやピース・ダラーは銀貨ですが、アイゼンハワー・ダラーは銅とニッケルの合金です。やはり銀貨には銀貨特有の渋い金属光沢があり、断然素敵です。
モーガン・ダラーやピース・ダラーは父にせがんで買ってもらったものです。今も大切にしている宝物です。

タイトルとURLをコピーしました