Nikon Z9:被写体検出:動物(オシドリ編)

問題ないとは思いますが、オシドリがいたので被写体検出のテストを行ってみました。

スポンサーリンク

オシドリの検出

レンズを向けるとすぐにオシドリを認識してフォーカスポイントを頭部や目に持って行ってくれます。これも目が見える角度だとかなり効率よく目にフォーカスを持って行きますが、目が見えない角度だといささか迷う挙動を見せます。完全に後ろを向いてしまうと、被写体をロストするようで、通常の至近距離のAFに戻ってしまいます。しかし、目が見えた瞬間に復元されるというイメージです。

なお、 所々でコマ落ちしたようにカクカクした動画になっていますが、レンズ側VRのノーマルに設定しているためです。撮影後にVR機構がセンターに復帰するため、そのたびに画面がずれます。スポーツモードにすると改善されますが、効きが弱くなるため、ノーマルモードで使用しています。

被写体検出(動物)は、動物の形で検出しているのではなく、目も含めた条件で検出しているのでしょうか。どの鳥でも、目が見えない角度だと迷いがちです。このあたりもファームアップなどで今後改善されて行く可能性はあります。

著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、出世するのが嫌で退職。現在は大学非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
カメラ・写真撮影機材野鳥撮影動画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました