Z9+Z 800mm f/6.3 VR S+Z TELECONVERTER TC-2.0Xで手持ち天体撮影(土星編)

木星よりも遠くて暗い天体なので、少しハードルが上がりますが、木星の大赤班が写ったので、土星も同じセットの手持ち撮影で問題なく写るはずです。

2022年は8月15日に土星は衝を迎えたばかりなので、観測好機です。木星よりも遥かに暗くなりますが、それでも0等級程度なので、ハチロクサンとZ9の強力なシンクロ手ブレ補正とシャッター速度のせめぎ合いで手持ち撮影可能でしょう。

スポンサーリンク

機材

  • Nikon Z9 (Ver. 2.11)
  • NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S
  • Z TELECONVERTER TC-2.0X

設定

あくまで 「手持ちハチロクサン+2倍テレコンで土星の環が写るか」 がこだわったテーマなので、三脚や赤道儀は一切使わず、完全手持ちです。

  • 撮影モード:マニュアル
  • ISO感度:マニュアル(200)
  • フォーカス:マニュアルフォーカス
  • 連写モード:H(20コマ/秒)
  • 手ブレ補正:ノーマル
  • フォーマット:DX

撮影

木星よりも暗いので、導入が難しいかと危惧したのですが、そこはミラーレスの恩恵で、シャッター速度を遅くするとファインダーでは明るく見えるので、導入に関しては木星と同じでした。難しいことには変わりはありませんが、馴れてくるとすぐにファインダーに入れられるようになります。

驚いたことに、ハチロクサン+2倍テレコン+DXフォーマットで土星に向けると、ファインダーですでに土星の環がはっきり見えます。
現在の土星は程よく環が開いているので、土星らしい可愛い姿が撮影できます。

木星の時と同様、撮影する露光量の設定だと暗くて見えにくいので、導入時はシャッター速度を遅くして露出オーバー状態で導入すると楽です。導入したらすぐに実撮影のシャッター速度にします。絞りは開放のままです。

フォーカスピーキング表示にしているので、マニュアルフォーカスで土星の環が赤く表示された瞬間に連写しました。

処理

土星も数十枚の静止画像を手持ちで撮影し、Registax(Ver. 6)というソフトでスタッキング処理後、軽くWavelet変換処理をしました。
その後、Photoshopにてコントラストの調整なども行っています。

作例

木星の大赤斑と同様、手持ち撮影で難なく写ってしまいました。カメラとレンズの進化のお陰です。
土星の写真としてはひどいものですが、ハチロクサン+2倍テレコンの手持ち撮影で土星の環を写せることが分かりました。

Exposure Time : 1/60
F Number : 13.0
Exposure Program : Manual
ISO : 200
原画の1280×1280ドット切り出し画像です。ファインダーでも環が見えるので、マニュアルで環にフォーカスピーキングの赤い表示が現れたら連写します。今回は33枚撮影して、使えそうな画像14枚を選別しました。飛ばないよう、アンダー目に撮影します。
手ブレ補正ノーマルにすると、センタリングの度にあっちこっちに行ってしまい、ファインダーで追従するのが大変ですが、何とか撮れました。その分、手ブレ補正効果は強く、1/60 s手持ち撮影でもほとんどブレていません。
14枚の画像をRegistax6でスタッキング処理とWavelet変換処理を行います。環がはっきりします。土星本体の縞も見えてきます。
強拡大。あまりシーイングが良くなかったので、カッシーニの間隙は分解していませんが、土星本体の縞模様や環に落ちる土星本体の影などは十分わかります。心眼で見ると、左の環の広い部分で何となくカッシーニの間隙らしき黒い帯が見えるような見えないような。

土星の写真としてはかろうじて写っている程度のものですが、何の準備もなく、望遠レンズにテレコン付けて手持ちで土星を連写しただけでこのくらい写ればまあまあ良い方でしょう。
しかし、口径126mmの望遠鏡として見た場合、まだまだ性能を引き出せるはずです。ドーズの限界から計算すると、分解能は0.9秒角ほどになるはずです。
もっとシーイングが良い日で、より多くのデータをスタッキングすればカッシーニの間隙も明瞭に写るかもしれません。いつかチャレンジしてみます。

いずれにしても、NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sの色収差がほとんどない光学的性能を再確認できましたし、Z9とシンクロした5.5段の手ブレ補正の優秀さを再認識できました。2400mmの画角を手持ち1/60 sで点が点に写るのは驚異的です。自分の腕ではないのが残念ですが、技術の進歩に当分あやかろうと思います。

Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S+Z TELECONVERTER TC-2.0x:レンズテスト
Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sがここまで優秀だと、どこまで使えるのか限界を試してみたくなります。酒と同じで、限界を知ればコントロール可能になります。今回はNikon純正のテレコンバ...
Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S+Z TELECONVERTER TC-2.0x:野鳥実写テスト
テストパターンで十分な画質であり、手ブレ補正も静物であれば1/60 sくらいまでは手ブレ補正が効果を発揮してくれることが分かりました。生きた野鳥では拡大される分、被写体ブレも2倍になるので、おそらく1/200 s前後が限界でし...
Nikon Z9 + NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S:天体撮影:総論
ハチロクサンは野鳥撮影用に購入しましたが、考えてみると800mmでF6.3なので、実は有効口径127mm、焦点距離800mmのちょっと良い望遠鏡なのです。屈折望遠鏡はずいぶん昔に買ったタカハシFC-76があります。口径76...
Z9+Z 800mm f/6.3 VR S+Z TELECONVERTER TC-2.0Xで手持ち天体撮影
30年ほど前に買ったMeadeの10インチ天体望遠鏡の焦点距離が2400mmです。木星や土星などの惑星観察に使っていました。もちろん、アイピースで拡大して観察しますが、このくらいの焦点距離があると惑星は良く見えました。今回800m...
Z9+Z 800mm f/6.3 VR S+Z TELECONVERTER TC-2.0Xで手持ち天体撮影(木星大赤斑編)
前回、800mmF6.3と2倍テレコンの組み合わせで木星を手持ち撮影したところ、バンドが結構明瞭に写っていたので、大赤斑も写る確信が得られました。我が家から見て、木星の高度が高くなる時刻で、大赤斑が正中する時刻の組み合わせで丁度良...
Nikon Z9+NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S+Z TELECONVERTER TC-2.0xで手持ち天体撮影(土星:カッシーニの間隙にチャレンジ)
前回の試写で、ハチロクサン+2倍テレコンの手持ち撮影で土星の環は比較的簡単に写ることが確認できましたが、土星の環のカッシーニの間隙が描写できていませんでした。望遠鏡で言ったら直焦点撮影なので像は小さく、ピクセルに埋もれてしまっている可能性...

カメラ関連

Nikon Z 9 ボディ

野鳥撮影にも最強のパフォーマンスを発揮するミラーレスフラグシップです。被写体検出機能で野鳥も認識して目にフォーカスを合わせてくれます。本格的に野鳥撮影をする方にはおすすめです。
FTZ-IIを介して今までのFマウントの超望遠レンズも問題なく使えます。ZマウントのNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sとの組み合わせは5.5段のVRが効き、800mm(DXで1200mm)ながら手持ち撮影が可能になります。



Nikon FTZ II


予備バッテリーEN-EL18d


予備バッテリー室カバー


L型ブラケット


液晶保護ガラス

メディア



静止画メイン推奨
165GB


大容量
325GB


動画プロ向け
650GB

標準ズーム



24-120mm f/4 S
イチオシ標準ズーム


24-50mm f/4-6.3


24-70mm F/2.8 S


Z 24-70mm f/4 S


28-75mm f/2.8

単焦点レンズ



NIKKOR Z 20mm f/1.8 S


NIKKOR Z 24mm f/1.8S


NIKKOR Z 50mm f/1.2S


NIKKOR Z 85mm f/1.8S


NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Zマウント)

NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

位相フレネルレンズ採用の小型軽量の800mm単焦点レンズです。全長385mm、重量約2385gで、800mmの超望遠レンズとしては驚異的な軽さです。5段分(Z9との組み合わせでは5.5段)のVRにより、手持ち撮影が可能です。DXフォーマットで使用すると1200mmF6.3相当となります。野鳥撮影に威力を発揮します。
1.4倍、2倍のテレコンを使用しても画質の劣化が少なく、FXで1120mmF9、1600mmF13、DXで1680mmF9相当、2400mmF13相当となります。

Zマウント純正テレコンバーター



Nikon Z TELECONVERTER TC-1.4X


Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0X

野鳥撮影用おすすめ超望遠レンズ(Fマウント)



AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR


NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR


マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、管理職になるのが嫌で退職。現在は某大学の非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
天体撮影Nikon Z9NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました