Nikon Z9:被写体検出:動物(イグアナ編)

意地悪をするわけではありませんが、Z9が果たしてどこまでを動物として認識するのか試してみたくなります。Nikonのウェブサイトにも「犬、猫、鳥以外でも類似した動物」の検出をほのめかす記述があります。イグアナがこれらに類似しているとは思えませんが、ディープラーニングでどのようなアルゴリズムを習得しているのかわからないので、わが家のイグアナで試してみました。

スポンサーリンク

イグアナの検出

Nikon Z9に、家内にZ50レンズキットを買った時のレンズNIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRを付けて実験しました。動画はファインダー像のログです。

被写体としてのイグアナの認識はかなり厳しいようで、フォーカスポイントは迷っています。しかし、横向きで目がよく見えるアングルでは一生懸命イグアナの目にフォーカスポイントを合わせようとしている様子がうかがえます。無理もありません。きっとディープラーニングの項目にイグアナは含まれていなかったのでしょう。鼻孔や他の鱗を目だと誤認識することもありますが、それでも目を探してかなりの確率で目に合わせてきているのは見事です。
ひとたび目を検出すると目を追い続けようとします。実際、フォーカスポイントが目に来ているときに撮影した画像は、かなり高精度で目にピントが合っていることがわかります。

いつか動物認証で犬、猫、鳥以外の動物も追加されるのかどうか分かりませんが、目の検出アルゴリズムはある程度共通化できそうなので、どんな動物でもより高精度で検出するアルゴリズムにバージョンアップされる可能性はあります。ファームアップに期待しています。

冒頭の写真のアップ:目を検出した後は、ピントはばっちり目に合ってくれます。
一度目を検出すると、目を画面の端に持って行ってもピントを合わせ続けてくれます。

Nikon Z 9 ボディ

Nikon FTZ II

予備バッテリーEN-EL18d

予備バッテリー室カバー

液晶保護ガラス

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

マウントアダプターFTZ2
著者
Yama

大学卒業後しばらくは建築設計に従事。その後人工知能の研究所で知的CADシステムやエキスパートシステムを開発。15年ほどプログラマをしていましたが、出世するのが嫌で退職。現在は大学非常勤講師(情報学)、動物医療系および野鳥写真家、ウェブプログラマ、出版業などをしながら細々と暮らしています。

Yamaをフォローする
カメラ・写真撮影機材動画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました